空き家が近所に増えてきた気がする話し

ツタが絡まって朽ち果てていっている家を近所で見かける。そして庭の木が伸び放題で道路に覆い被さっているなんて家もある。見ただけでも、いかにも人が住んでいないって感じの家が多くなっている。

実は裏の家も空き家なんだけど、持ち主は安く買ってリフォームしようとしたらしい。外壁だけを残し、中のカベを壊して柱だけにしたまでは自分たちでやった。しかし、素人はそれ以上は無理で断念したようだ。

以前、自分の所に地続きだから買ってくれないかと打診が来た。だったら、このくらいと安価な値段をふっかけたらもう話しは来なくなった。

地続きでも区画の真ん中の土地である。建物は壊すだけしかない。しかし私道が1間しかなく重機も入らない。今建っている家を壊して新築となると、建築なんやらの法律で、小さい建物しか建たないと思う。それよりも壊すにも、建材も運び入れるのは手作業でやることになるから、とても費用がかかりそう。

今は、空き家で野良猫のすみかになっている。野良ネコが換気扇のすき間から出入りしているのを見かける。中はとんでもないことになっているのではないかな。だけど火事も怖いし、台風で崩れないことを祈っている。何かあっても持ち主から保証できないしね。

Reshared post from +長島徹

全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に | ニュースの教科書
総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。

View this post on Google+