2つのプロバイダを同時に接続する

以前、「インターネットの接続を二重にする」と書きましたが、そのときは問題があって断念していました。今回は、まじめに設定して、ヤマハのRTX810を使ってIIJ(pp 1)とぷらら(pp 2)の2つのインターネットプロバイダを接続してみます。

プロバイダの前提条件は、以下の通りです。

  • ぷららのダブルルートオプションでIIJから固定IPアドレスを払い出してもらっています。
  • 固定IPアドレスでの認証や固定IPアドレスへの接続する場合は、IIJを使用します。(pp 1)
  • 動的IPアドレスでよい通常のインターネットアクセスの場合はぷららを使用します。 (pp 2)

最初は、IIJ側をRTX810、ぷらら側をNTTからレンタルのPR-500KIに接続して、クライアントでデフォルトゲートウエイとルーティングを個別に設定しようかと思いましたが、大変そうだったので止めました。

以下が接続する方法です。RTX810では同時に2つのセッションに接続できます。

(1) デフォルトゲートウエイはぷららを指定します。

ip route defalut gateway pp 2

(2) 固定IPアドレスで認証しているサーバーへの接続は、ルーティングでIIJを指定します。

ip route サーバーアドレス gateway pp 1

(3) VPNのLAN間接続の相手先アドレスをIIJに指定します。

ip route 相手先アドレス gateway pp 1

(4) リモートVPNで接続する場合、接続するサービスのIPアドレス範囲をルーティングとしてIIJに指定します。

ip route IPアドレス範囲 gateway pp 1

IPアドレス範囲を調べるには、一旦接続してみて、RTX810のログから接続元のIPアドレスを調べます。そのIPアドレスをドメイン/IPアドレス サーチのサイトで調べるとIPアドレス範囲が出てきます。

もっと簡単な方法があるかもしれません。とりあえずこれでやっていきます。もし問題があれば、

ip route defalut gateway pp 1

でデフォルトゲートウエイをIIJにして、すべてのアクセスをIIJにしてしまえば元に戻ります。

追記(2014年7月20日)

その後、デフォルトゲートウエイの設定はフィルタ型ルーティングにしてみました。記事はこちらに載っけておきます。