PR-500KIの下でLAN間接続のVPNを行う

前にいた事務所に置いてあるサーバーファイルをバックアップをとったり、お客さんの事務所のネットワークをつなげていたりと、PPTPのVPNでLAN間接続をしています。今までは、RTX1000をブロードバンドルーターにしていたので、問題なくつながっていました。しかし、フレッツ光ネクストの1Gbpsを使いたいがためにルーターをNTTからレンタルされたPR-500KIにしました。PR-500KIは、リモートのVPNサーバーにしかなれないようです。

さて、仕方ないので、ここでもRTX1000の登場です。すでに導入して10年ほど経っていますが、全くトラブルなしの強者です。PR-500KIのLAN内にRTX1000を入れてしまいます。ここでVPNパススルーの設定と行きたいのですが、PR-500KIにはVPNパススルーの機能は無いようです。これも仕方ないので、静的IPマスカレード設定でPPTPポートをRTX1000に向けてしまいます。

このVPNパススルーの設定方法は、Googleさんに聞くと出てくる普通のサイトに書いてある説明です。とにかくVPNパススルーは、静的IPマスカレードで対応しろと書いています。しかし、これではつながりませんでした。いろいろと考えた結果、PR-500KIのLAN側静的ルーティング設定で、接続先のIPアドレスが来たらRTX1000に向けるように設定したところ、無事にPPTPでのLAN間接続ができました。

外のリモートのVPNサーバーへLAN内のPCからの接続も確認できました。しかし、外からRTX1000に設定したリモートVPNサーバーへの接続ができません。こちらは、PR-500KIにリモートVPNサーバーを設定することで対応しました。

間にPR-500KIがあるだけで、VPNの設定はとても面倒になります。ここら辺を参考にして、PR-500KIはONUとひかり電話サーバーだけで使ったほうがいいかもしれません。そのためにはRTX810を手に入れてしまおうか思案中・・・。

追記(2014年7月16日)

現在はRTX810を入れて、こんな感じで快適にVPN接続をしています。

“PR-500KIの下でLAN間接続のVPNを行う” への1件の返信

コメントは受け付けていません。