Covia のCP-F03Aが届いたので、早速インストール

Covia CP-F03A
Covia CP-F03A

娘のスマートフォンが送られて来たので、早速インストールしてきます。スマートフォンはCovia CP-F03aという機種です。フリーSIMに対応したものです。FOMAのハイスピードまで対応しているようです。

Covia CP-F03aは値段が安い割には、ディスプレイの表示はきれいですし、体感的に遅いということもありませんでした。普段使うには、満足できるスマートフォンです。

一緒に購入したSIMはOCN モバイル ONE です。契約は一番安い50 MB/日です。SMSはついていません。幸いにも今のところ、SMSに対応しなくてバッテリーがなくなるという問題はないようです。これはしばらく様子を見ます。

まずはネットワーク関係の設定です。Wi-Fiの設定をしてしまいます。こちらはいつものことですので簡単です。OCN モバイル ONE の登録をしなければいけませんが、あまりにも最初にインストールされている漢字変換キーボードが使いにくいので、フォームでの入力が辛いです。登録はPCからやってしまいます。こちらもOCNから発行された情報があればCovia CP-F03aの説明書通りで簡単です。しかし、OCNの次から次への有料サービスを薦めるのは閉口します。3Gのアンテナが立てば設定は完了です。

キーボードの入力が使いにくいので、Google日本語入力のアプリをインストールしたくても、GoogleのIDがなくてはできませんので取得します。希望のID名があるかと思って娘が帰ってくるまで作業は中断です。

好きなIDを取らせようとしましたが、なかなか希望するIDが決まりません。入力するIDはことごとく使っているとエラーになります。いろいろ試したところ、長いIDになりました。これだけ入力しても使っているということは、Google側で何か作為的に特定のID名を使わせないようにしているのか、本当に無数のIDを取られているのでしょうか?

あとは、Google日本語入力、Gmail、Chromeとアプリをインストールして、IP電話のFusionのSMARTalk アプリをインストールしてきます。自宅にもIP-Phone SMARTで接続するように電話番号を取っていますので、スマートフォンと自宅へは無料で電話をすることができます。Fusion のIP-Phone SMARTは、月額利用料も無料なので、IP-Phone SMARTどうしならお金がかからないことになります。ただし、Fusionは楽天に関係しているようなので、以前のイーバンク銀行のときのように、今後は何かしら手数料を徴収するようになるかもしれません。

次に自宅や私やツレに一発でかかるように、電話番号を連絡先に登録していきます。私が持っているXPERIAとAndroidのバージョンが多少異なっているせいか、微妙に設定が違うのが辛いところです。 最後にGmailに娘がメインで使うメールアドレスを転送するようにして作業は完了です。

ここで娘にとって大きな問題が発生したようです。やはりLINEが使いたいと言ってきました。最初聞いたときにはLINEはやらないと言っていましたので、SMSなしのSIMカードにしました。卒業した中学の友だちからLINEに誘われているそうです。こちらとしては、あれだけ念を押してLINEは使えないけどいいかと言っておきましたが今さら言われても、ということで残念ですがLINEは使えませんということにしました。

投稿者:

avatar

ando

50過ぎてもプログラマーの気持ちを忘れない。

「Covia のCP-F03Aが届いたので、早速インストール」への3件のフィードバック

    1. そうなんですか。LINEのアカウントを持っていないので知りませんでしたよ。

コメントは停止中です。