Macは30年になるのね。

初めてMacを触ったのは、登場してから翌年になるのか。新し物好きの研究室の教授が日本の代理店を呼びつけて、Macの512Kか128Kを買って学生に使わせてくれた。今考えるとありがたいこと。卒論の図は、Mac Paintで作成して貼り付けた。レーザープリンタまでは買ってくれなかったので、さすがにDTPなんてできなかった。

おかげで会社に入って 無理矢理ローン組んで、Mac Plusを20MBのハードディスクと一緒に購入。転職先の事務所に持ち込んで使っていたら、回りもでもSunのワークステーションから乗り換えていったっけ。いまだに屋根裏の物置にMac Plusはあるはずだけど。

Macの人が周りにたくさん増えて、しかもその連中は会社のお金でMac IIやら高いMacばかりを買ってもらうから、天の邪鬼の自分はそれから日本で出始めのDOS/VのWindowsに行って、そのままWindows PC・・・。

「Macintosh」、2014年で誕生30周年–1月に記念祝典開催へ
「Macintosh」誕生30周年となる2014年1月に、米国で記念祝典が開催される。All Planet Studiosやコンピュータ歴史博物館などが主催するもので、当時の開発チームに在籍したメンバーや映画監督のリドリー・スコット氏らが出席する。

「Macは30年になるのね。」への3件のフィードバック

  1. 最近流行のビッグデータを使って、サイトによってはWindowsユーザーとMacユーザーで表示を変更してるとか。なんでも、ある宿泊予約サイトでは、MacユーザーはWindowsユーザーより高額宿泊が好みだとかの結果から、より高級旅館のお勧め表示をしてるとか。

  2. +子安紀夫 Windowsのソフトの資産が多いので、 http://goo.gl/q9w64c の記事のように、Macの上でWindowsを走らせるのもいいかな、と思いつつ、何度も購入の機会を逃しているのでした。プログラムの開発はMacのほうが楽なのはわかっているのですが、いろいろと理由がありまして・・・・。

コメントは停止中です。