本栖湖にキャンプに行ってきた。

土日はチビと二人で本栖湖にキャンプに行ってきました。男キャンプです。

我が家ではキャンプというと本栖湖となります。最初はいくつかのキャンプ場を試して行っていましたが、一番楽ということで本栖湖キャンプ場に落ち着いてしまいました。最近は本栖湖以外ではキャンプはしていません。

本栖湖キャンプ場のいいところは、いくつかあります。一番は直火の焚き火OKであるところです。昨今のキャンプ場は焚き火禁止とか、焚き火台ではなければダメとかありますが、本栖湖キャンプでは自由に焚き火ができます。ここでは溶岩で作ったかまどの跡がいくつかあって、また再利用してしまいます。キチンと料理したいときには焚き火台を使いますが。しかも売店で売っている薪は、お安いというのよいところ。

完全フリースペースであるということもいいところです。何せキャンプ場自体が広いので、隣のサイトを気にすることもありません。区画は全く区切られていません。空いていればどこでもテントを立ててもOKです。

デーキャンプやテントで泊まりだったら予約は必要ありません。思い立ったらキャンプに行くことができます。お盆以外は、そんなに混むことはありませんので、思い立ったら出かけることができます。たまに大型バイクの人たちの集まりでバンガローが埋まってしまうことがありますが、それでもテントサイトは一杯になるということはありません

設備は、水場とトイレだけ。あとは掘っ立て小屋のようなバンガローです。最近はテントを立てることなくバンガローを借りてしまいます。設備は汚いということはなく、トイレは水洗できれいです。どうしてきれいかというと、地元のおばさんたちがきれいに掃除を徹底してくれます。きれいに掃除をしてくれるので、きれいに使うということになります。

このキャンプ場は何もありません。あるのは松林とテントサイトと湖だけです。湖はウインドサーフィンと釣りができます。特にウィンドサーフィンを楽しんでいる人はとても多いです。管理人のおじさんで釣りにとても詳しい人もいますので、いろいろと教えてくれるのではないかと思います。

町の観光協会で運営してしますので、管理のおじさんおばさんたちは地元の方々で、とても親切で話し好きです。しかし、深夜うるさくしていると怒られます。周りに迷惑をかけなければ、あとは自由にさせてくれます。

本栖湖のキャンプ場は、基本放っておかれるので、テントを張ったこともないキャンプ初心者には向きませんが、慣れている人にはお勧めです。

+: View post on Google+

投稿者:

avatar

ando

50過ぎてもプログラマーの気持ちを忘れない。

「本栖湖にキャンプに行ってきた。」への5件のフィードバック

  1. 本栖湖の水は透明度が高くてきれいでしたよ。ただ、今の時期でも冷たい。

    キャンプ場の管理の人曰く、冬でも本栖湖は凍らない、水深が深いから、1年中釣りを楽しめます、だそうです。

  2. 最近は温暖化のせいか(?)、夏は暑くなります。以前は虫も出なくてよかったのですが。お勧めは、梅雨前か秋口です。さすがに10月以降は寒くてダメです。

  3. あと、利用料がとても安いので、それなりの人が来てしまうというのも、本栖湖キャンプ場の注意事項です。

コメントは停止中です。