snom 105をひかり電話につないでみる

昔買ったsnom 105というIP電話が出てきたので、試しにひかり電話につないでみました。snom 105は、2000円位で秋葉原で購入したもので、AsteriskというソフトウェアIP-PBXで遊ぶために手に入れました。

ひかり電話のルーターに接続しようとすると、最初は認証が失敗していましたが、ひかり電話のルーターの内線設定でダイジェスト認証をしないで正常に接続できました。発信はうまくいっています。

しかし、snom 105は有線のLANにつながらなくてはいけない、大きなACアダプタにもつながなくてはいけないということで、邪魔になるので結局は外してしまいました。

ひかり電話の場合、マイナンバーで電話番号が最大5個まで取れますが、ルーターには電話機は物理的に2台しかつながりませんので、電話番号ごとに電話機を変えたい場合は、こういったIP電話はいいかもしれません。

ちなみに我が家では4つ電話番号をひかり電話に契約していますが、1台はファックサービス専用で、残り3つを音声電話にしています。そのうちの電話機1台は2つの電話番号で鳴り分けています。ひかり電話のルーターは、この辺りは簡単に設定できます。

+: View post on Google+

「snom 105をひかり電話につないでみる」への11件のフィードバック

  1. Asteriskを適当なLAN付きボード(ラズベリーパイとかVIA APCとか)に構築していろいろやるのもおもしろいかとw

  2. 以前、Asteriskでサーバーを立てて遊んでいましたが、結局、NTTのフレッツのルーターでやった方が楽チンじゃん、ということで現在に至っています。

  3. なるほどーw
    私は転送電話とかSOHOの内線とかリモート機器制御とかいろいろをやってましたw

  4. こんばんは、お疲れ様です。
    本日、指定休暇(週休2日制の代用休暇)で、お休みでした。
    藤沢は晴れ!!でした。
    明日は半ドンです!!頑張ります。
    お休みなさいませ!!

    色々あります!!

コメントは停止中です。