UPSのバッテリー交換

無停電電源装置(UPS)のバッテリーを交換しました。UPSはAPCのBK350という機種。このUPSはここでも書いたように、APCのサポートから理由なしにたぶん寿命と言われたものです。

新しくUPSを買うのも何だし、サポートがひどいのでAPCからバッテリーを買うのもイヤだし、それと言ってUPSが絶対に必要と言うこともないので、ずっと放っておいていました。

たまたま見た秋月電子のサイトで安いシールドバッテリーを見つけましたので、秋葉原に行ったついでに買ってきました。APCの半額です。ついでに買うには、持って帰るにはとても重い。

[amazonjs asin=”B0053O6OXU” locale=”JP” title=”シールド式 LONGバッテリー『WP1236W』 12V9Ah UPS用バッテリー WP8-12互換 PC”]

交換してみると問題ないようです。PCをつないでBK350のコンセントを抜いてみると、正常にバッテリーに切り替えてくれます。瞬断には対応できそうです。

どうせトラブルがあってもAPCでは面倒見てくれないし、安くバッテリーを交換できればいいと捨て身の覚悟です。火を噴かないのを祈ります。

しかし、交換したバッテリーはどうやって処分しようか。秋月では買ったバッテリーしか引き取ってくれないし、自治体でも廃棄できないし。最初は秋月で使用済みのバッテリー送ればOKという話しだったが、担当者が代わるとダメになった。これ以上交渉するのも面倒なので、ずっと持っているしかないか・・・。

[amazonjs asin=”B00E1Y2QVW” locale=”JP” title=”【バッテリーストア.comオリジナル】 【完全互換品】 APC RBC2J-S(RBC2J互換) CS 350/CS 500/ES 500/BK 350/BK 500/BK Pro 300用バッテリーキット”]

投稿者:

avatar

ando

50過ぎてもプログラマーの気持ちを忘れない。

「UPSのバッテリー交換」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。