Webサイトの改ページについて

よくわからないので教えていただきたいのですが、Webサイトで、特に出版社系のサイトで読ませる記事があります。その記事の内容が長くなると、下の方で次ページへ、なんてリンクがあって、複数ページに渡って読むことになります。どうして、そのようなことをわざわざさせるのでしょうか?

一気に読ませてよ、と思うことがしばしばあります。中には、1ページ目の下に、全文表示なんて、もう一度最初から読ませるページがあります。他には、2ページ目なんて、ものすごく短くて、結論を書かれていることもないしガッカリなんてこともあります。

記事を細切れにするとは、何か意図することがあるのでしょうか? アクセス時間を短縮させるなんてことも考えられますが、そんなことは現在ではあまり気にすることでもないかと思います。

+: Reshared 1 times
Google+: View post on Google+

投稿者:

avatar

ando

50過ぎてもプログラマーの気持ちを忘れない。

「Webサイトの改ページについて」への5件のフィードバック

  1. +佐藤雅俊 なるほど、そういう意図があったのね。しかし、読む方にあまりよいことはなさそう。

    テレビのCM前後で内容がかぶって編集するような姑息な手段も考えた。

  2. 広告とかもあるみたいよ。
    つか,あの手のもの (日経bp系とか) は,本文よりも両サイドの広告の方がでかいってのがねぇ…

コメントは停止中です。