5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

パーカーのインジェニュイティで書いてみたい、という話し


この記事の人のように、最近になって自分は万年筆ではないとイヤなんてこだわりはない。だってジェットストリームでも、どこかの会社から景品でもらったペンでも、気持ちよく書ければ何でもいいという節操の無さです。気持ちいいというのが重要なのです。万年筆だと気持ちいい度は高いのは確かですけど。
しかし、インジェニュイティを使って試しに書いてみたい。どこが万年筆と違って、どこがボールペンと違うのかしら。どこかで試し書きできるところはないかしら。
でも、買うかと聞かれても、値段がね・・・。

Embedded Link

パーカーから第5のペン「ingenuity(インジェニュイティ)」がリリース
パーカーから、万年筆でもボールペンでもない「インジェニュイティ」が発売される そうです。2011年12月に一般販売されます。

→万年筆でもボールペンでもない パーカー「インジェニュイティ」 (J-Castモノウォッチ)

特別なリフィル使用

これはどういうものなのでしょうね。リフィルを使いますから、基本的にはボールペンで、それに工夫を加えたという感じでしょうか。ペン先は万年筆のような形状になっていますが、それがインク出のコントロールにどれだけ寄与するのか、興味があります。

ギミック面での興味は付かないのですが、ただ私は万年筆ファンなので、購入はしない予定です。これが逆で、「基本は万年筆で、見た目がボールペン」ですと購入したのですが。(^^;

Google+: View post on Google+

,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。