バッテリー充電のためにドライブ

ツレからSOSの電話。駅まで娘を迎えに行ったけど、バッテリーが上がってエンジンがかからない。JAFを呼ばせて自転車で急行する。

JAFの明るい兄さん(こんな人がトラブルのときに来てくれるとほっとするのだろうな)によると、寒い時期の典型的なバッテリー上がり。短距離しか乗らないし、もう5年以上バッテリーを交換していない。よくもまあ、バッテリーが持ったものかと驚かれる。

明日の朝も娘を駅まで送らなければいけないので、1時間の充電が必要とJAFのお兄さんからアドバイスをされた。しかたないので、意味もない1時間のドライブを引き受けた。

しかし、今流行りのアイドリングストップのクルマは、短距離しか乗らないと、バッテリーが大丈夫か心配になる。他人を心配する前に、早くバッテリーを交換しなければいけないな。

+: View post on Google+

投稿者:

avatar

ando

50過ぎてもプログラマーの気持ちを忘れない。

「バッテリー充電のためにドライブ」への9件のフィードバック

  1. JAFに入会して28年だそうで(JAFのおにいさんが教えてくれた)、JAFを呼んだのは3回目です。すべて、バッテリー上がり。そろそろ、JAFを退会しようかと思ったけど、継続することになりそうです。

  2. 一度、営業車で高速でエンコした事が有りますが、
    道路公団の車はインターチェンジの折口迄しか
    引っ張ってくれません、もしかの時の安心料と思えば
    お安いかと?

  3. 短距離の時は、夜間が多いと電灯と空調(冷暖房) なんかで充電よりも使う方が多いですからね。

コメントは停止中です。