キーボードの大そうじ

文字を入力していたらAのキーが入力しづらい。最初のAが取りこぼす。これではまともな入力だできない。

そろそろキーボードも交換かと思ってみたら、なんのことはないキーボードの間にほこりとか、髪の毛とか、ゴミとかが詰まっている。

大掃除の時期なので、よい機会なのでキーボードの掃除をしてしまおう。

このキーボードはFILCOのMajestouchキーボード。ピンセットでこじると簡単にキーを外すことができる。キーをはずしてみると、すごいものが出てくる。ダストブロアで吹き飛ばして、きれいにしていく。本当はアルコールでふきふきしていけばいいのだが、時間がかかりそうなので吹き飛ばすだけ。

ここで失敗。キーを外したら、順番とおり並べておけばよかった。キーの並び方なんて意外と覚えていなかった(皆さんやってみるとできないよ)。仕方ないので、娘のワイヤレスキーボードを持ってきて、その通りにキーを差し込んでいく。

これで快適にAが入力できるようになりました。

In album 2011年12月4日(写真 3 枚)

+: View post on Google+

「キーボードの大そうじ」への4件のフィードバック

  1. 指が覚えてしまっているのでしょうね。

    キーを抜いてまでの掃除はやったことはなかったけど、キーとの間をピンセットでひねるだけですので、とても簡単でした。

  2. カメラで写しても拡大するのが面倒なので、隣にもう一つキーボードを置いて、その通りに差し込んでいきました。

    しかし、キー入力のときにキートップをあまり確認しないので、多少間違えていてもわからないかもしれません。

コメントは停止中です。