トラックボールのボールを交換してみた話し

メインのPCでの作業では、マウスではなくてロジクールのM570tというごく普通のトラックボールを使っている。

マウスよりも明らかに手首の負担が少ない。おかげで手首が痛くなることはない。よって、トラックボールは長時間のPC作業ではお勧めである。

さて、トラックボールはボールとトラックボール本体を支える点にホコリが溜まり易いので、日頃からメンテナンスが必要である。ホコリが溜まるとトラックボールがスムーズに動かなくなる。ホコリを取り除くのに使っているのは、カメラのレンズのホコリを払うレンズペンである。レンズペンでもブラシの部分でホコリを払う。プラシを半分出すと腰があって便利である。使っているのは、このレンズペンである。

しかし、だんだんとトラックボールのボールの回転が悪くなってきた。ということで、ボールを交換してみる。ボールは34mmであれば交換できるらしいので代替品のボールを手に入れた。34mmのボールはトラックボールとしては一般的なサイズのようである。規格で決まっている訳でもなさそう。購入したのは、こちらのペリックスのボールである。

交換は簡単であるが、交換した効果はどうかというと、最初に付いてきたボールとあまり変わらないかもしれない。トラックボールのボールの滑りをよくするために、ハンドクリームをいつも塗り込んでいる。ハンドクリームのおかげで多少はよくはなったが、新しいボールに交換しただけでは、正確に動いて止まるとか、素早くカーソルが移動するとか、劇的にトラックボールが使いやすくなるわけでもなかった。ボールの色も変わったことで、気分的に変わると言う効果があるかもしれない。

以上、しばらく使ってみる。

追記(2021年2月3日)

1週間ほど代替のトラックボールを使ってみたが、引っかかりが少なくなっていい感じで使える。ボールが何だか思い通りに動かなくなったら、この代替トラックボールに替えてみるのもお勧めかもしれない。