やはりプリンタとインクの価格設定はおかしい

年末に年賀状印刷用に買ったCanonのPIXUS iP2700というインクジェットプリンターですが、年賀状印刷以外に何かしらとプリントしています。そろそろインクもなくなるしということで買いにヨドバシの秋葉原に寄りました。

わかっていたけど、カラーとモノクロで合わせて5,000円なんですよね。互換インクでも2,500円です。本体が3,000円でしたので、やはり高い。

まさかと思ってメルカリでPIXUS iP2700を調べたら、未使用品がたくさん出てきます。しかもインク無し。おそらくプリンタ本体を買って付属のインクを取って手持ちのPIXUS iP2700に入れているのでしょうね。インクを買うと本体が付いてくる状態。もっと驚くのは、インク無しでも売れてしまっていること。もしかしたら、そんなこと知らずに誰かさんは買ってしまっていることはないでしょうな。一緒にインクも出ているから、こっちもかって新品より高く買ってしまうとか・・・。

とりあえずインクがなくなってしまったら互換インクを買いましょう。どうせプリンタサーバー経由で印刷しますから、インク残量が見えませんし。

“やはりプリンタとインクの価格設定はおかしい” への2件の返信

  1. そこが消耗品プリンター・・・。

    アマゾンプライムデーでインクを注文した。ギリギリプリンタ本体の値段以下だった。

コメントは受け付けていません。