リフォーム会社から電話がきたけど

名古屋のリフォーム会社から電話がきた。外壁塗装のセールスだった。

実際に物件を見てから電話したかを聞いてみれば、全然そんなことなく電話しただけだった。

では、「どうして電話したのか」と聞いたら、法務局で登記を見てと言われた。

しかし、「登記には電話番号を載っていないのでは?」と聞いたら、「登記簿の住所と名前から電話番号データベースで検索して電話した。だから、違法性はない」と言われた。

もう、違法性がないと最初から言い出したので、突っ込んで聞いてみた。登記簿を閲覧するなんてことは、別に悪いことをしていることではないけど、最初に自分らは悪いことしていないと言い出すのは、何かそういうことにしておけといういう意図があるのかな?

では、「会社にその名簿があるのではないの? 」と聞いてみたら、
「あるにはある」とか曖昧なことを言い出す。

「では削除して、そのことを書面で出してくれ。」と依頼する。しかし、「出さない」と言われる。個人情報保護の法律から見ても、書面で出さなくても別にいいのだけど、ここは強く言ってみる。

ここで、先方が電話をかけてきた人から偉い人に電話が替わった。

しかし、「違法に連絡先を取得した訳でもないので、そんなことしなくてもいいし。どこも書面をだすなんてやっていないから。」で断られた。しかも「個人情報保護なんて知らないわ。」と言われた。それでも、「書面で出してよ。」としつこく言ったら、最後は相手が喧嘩口調になって電話を切られた。

まあ、金かけて登記簿とって電話しているなんて、どのリフォーム会社はやっていないのだろう。 どうせどこかから名簿を買っているのだろうな。そうではないとリフォームくらいで電話しないだろうな。土地建物売買なら金かけて電話するのいいけど。

“リフォーム会社から電話がきたけど” への5件の返信

  1. 知り合いのの不動産会社に聞いてた。

    やはり登記簿を調べて連絡するというのは不動産業界ならやるそうで、リフォームの場合はその物件の規模によるそうです。それと、今回の件はデータが名簿に流れてしまっている、と言われた。これからも、どこかから連絡が来るのか・・・。

    しかしながら、付き合いのない会社でしかも飛び込み営業の会社にリフォームをさせるのはやめたほうがよい、とも言われた。それはそうだ。

  2. 着信の電話番号から調べると、その会社の代表電話だったよ。まあ、非通知で電話しないだけマシかな。

    個人情報保護の法律を盾に色々と突っ込むと、ビビり出すか、平謝りされるか、今回のように逆ギレするかですな。

    こちらで言っていることはいい加減なものだから、いかに個人情報保護なんか理解されずに個人情報のリストをみなさん抱えているのですわ。

  3. こっちでは小さな工務店は職人気質で営業が苦手。そこにつけ込んだ「若い世代で構成する会社」が営業して工務店に安い価格で下請けさせるという構図が出来てます。
    メンテナンスも込みでね。

コメントは受け付けていません。