5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

何か外国人から電話があって、英語がわかる人を出せと言われたけど、ずっと日本語で対応したら、結局日本語で大丈夫にした話し


突然携帯電話に外国人から電話があった。一応海外と関係している仕事が始まりそうだけど、話しの内容から関係なさそうだった。

着信は不明と表示される。おそらく、東京に残している電話番号からの転送かもしれない。

しきりに英語を話せる人を出せ、と言われるけど、そんなことお構いなしに日本語で対応する。まあ、そんな人いるけどいないことにしておく。

向こうも諦めたようで、日本語ができる人に替わったけど、全く要領を得ない。やたらに営業の担当者と替われと言ってくる。零細企業なんでそんな担当はいない。

次は電話番号を確認してくる。電話をかけているのにどうしてだろうかな。面倒になって、教えてあげない、と答えておいた。

どうも、私の会社からその会社に問い合わせた、ということを言っている。私は問い合わせた覚えがないので、同じ名前の違う会社ではないかと言っておいた。実際に、同じ名前で業界が違う会社があるので。

以上、ずっと外国人相手に日本語で答えておいたけど、何とかなるもんだ。と言うよりも、相手が合わせてくれるもんだ。まして、どうせ勝手に電話してきたセールス電話なので、こちらが合わせる気もさらさらない。

でもさ、日本人くらいだよ。現地の言葉に合わせるのは。

View this post on Google+

高齢者への詐欺電話を防止するためにも、NTTはナンバーディスプレイを無料で提供すればいいのにと本当に思う。携帯電話は無料で着信番号表示をしているので固定電話でもできるはず。発信者通知は迷惑電話をかけてくる輩は嫌がるので、ナンバーディスプレイは本当に迷惑電話防止になる。ナンバーディスプレイに契約して対応した電話機ならば、発信者番号を通知しない詐欺電話は非通知になって拒否されるので安心である。これで詐欺電話は随分と減るので、NTTのナンバーディスプレイは詐欺電話撃退にはお薦めなのである。

,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。