フィットシャトルにはエアコンプレッサーが標準装備だったことを知らなかった話し

フィットシャトルにはエアコンプレッサーが標準装備だったのね。

1年経ってフィットシャトルにはエアコンプレッサーが標準装備されていることを確認した。取扱説明書を読んでスペアタイヤは無いとは知っていたけど、実際にどのような装備でタイヤのパンクに対応するのか、今まで確認せずじまいだった。

見てみたら、エアゲージ付きのシガーソケットから電源をとるコンプレッサーだった。ドイツのメーカーのもの。小さいコンプレッサーだけど、普段の空気圧調整でも使っていいものか。同じようなものを買うところでした。

Google+: View post on Google+

6件のコメント

  1. よく説明書を読むと、「タイヤに刺さったクギなどは抜かないでください。」とあった。知らないと危なかった。

  2. +Satoshi Tainaka そうですね。純正品よりも、ホルツとかの社外品のほうがコンプレッサーを使わずに空気も入るし、応急処置ではないのでいいですね。早速買ってこようかと思っています。

    まあ、パンク修理材が効かない場合は、JAFを呼びますわ。

  3. 老婆心ながら、ホルツやパンドーはやめといたほうがいいです。注入後にタイヤ内で固まってホイールにこびりつきます。

コメントは受け付けていません。