WordPressのショートコードの実験

WordPressには、簡単に独自機能を記事に埋め込めるショートコードとあるらしいので実験してみる。

例えば、ここのサイトを参考にして

[hw]

と記述すると(両側の括弧は1バイトです)、

[hw]

と表示される。つづいてここのサイトを参考にして、

[bk1_vc id="03092262" title=" 2.7対応「導入&カスタマイズ」実践ガイド"]

と記述すると、

[bk1_vc id=”03092262″ title=”WordPress 2.7対応「導入&カスタマイズ」実践ガイド”]

とbk1のバリューコマースのアフリエイトのリンクが表示されるように、ショートコードを書いてみた。これでわざわざ、MyLinkの変換ページでURLとか画像とかをコピーしなくてよくなった。ただし、適当なIDの決め打ちですので間違えているかも。とりあえず動いているレベルです。

bk1のAPIの仕様がわかれば、もっとパラメータのチェックをきちんとすればいいかもしれません。Amazonみたいに、商品IDからいろいろな情報を取得できるようなAPIをbk1は用意していませんでしたよね?

30分で作成した簡単なものですが公開します。divタグのclassを打っていますので、適当にCSSでデザインしてください。あとIDを変えてあげないと、全部アフリエイトは私がいただきます。