CakePHPを2.2にバージョンアップしたら英語で表示してしまうことの対応

CakePHPを1.3から2.2にバージョンアップしたら、日本語が英語で表示されるようになってしまいました。

ローカルのPCでは、正常に日本語で表示されます。どういう訳か、国際化する前の__(‘xxx’)のxxxが表示されてしまいます。

/app/Config/core.phpに

Configure::write(‘Config.language’, ‘ja’);

を追加しても変わりません。いろいろ調べるうちにわかりました。

/app/locale

になっていました。

/app/Locale

が正解です。CakePHPが2になって、ディレクトリの1文字目が大文字になっているのを忘れていました。PCですと、この辺りは無視されますので、Unix系のサーバーに配置したときに初めてわかります。