カテゴリー
その他

無印の万年筆のメンテナンス

広告

無印良品の万年筆を持っていますが、インクの出が悪くなってきました。そこでメンテナンスとしてクリーニングをしてしまいます。

クリーニングといっても簡単で、固まっているインクを洗い流してしまおうということです。

カートリッジを外して、流水でインクを流してしまいます。きれいな水になるまで流します。そして、一晩ぬるま湯につけておきます。

R0010063

ぬるま湯につけておくと、まだまだインクが出てきます。朝になってもう一度流水で流してしまいます。

ペン先から分解して、水気をとりながら掃除です。万年筆のメンテナンスについて書いてあるサイトによると、万年筆の分解は素人がやるものではないと書いていますが、そんなことおかまいなし。どうせ安い万年筆ですので・・・。

R0010070

あとは元通りに組み上げて、インクカートリッジをつけておしまい。いい感じに書けるようになりました。

やはり、普段から書いてあげないと、万年筆は調子が悪くなるようです。

広告

「無印の万年筆のメンテナンス」への1件の返信

縲檎┌蜊ー濶ッ蜩√?堺ク?ケエ遲?音髮

辟。蜊ー濶ッ蜩√ロ繝?ヨ繧ケ繝医い繧呈桶縺」縺ヲ縺?k繝医Λ繝輔ぅ繝?け繧イ繝シ繝医→縺ョ繧「繝輔ぅ繝ェ繧ィ繧、繝亥・醍エ?ッゥ譟サ縺檎オゅo繧翫?∵匐繧後※縺薙?blog縺九i蝠?…

コメントは受け付けていません。