Windows Defender絡みでトラブル

Windows10の標準ウイルス対策ソフトのWindows Defenderで2点ほどトラブルがあった。

そもそもLenovoのThinkPadに開発環境を作っていたところトラブルが発生した。その原因が2つともWindows Defenderであった。

1.Docker for Windowsが「Removing Files」で止まってインストールできない。

「Removing Files」の表示したところのインストールの途中で止まってしまう。もちろんこれではDockerの起動で失敗してしまう。いろいろGoogleさんに尋ねたところ、Dockerのコミュニティサイトで見つけた。

Docker for Windows (CE Stable) hangs on installation step Installing Components and Removing Files

そのものズバリである。楽しようと思って日本語のサイトばかり探していたので時間がかかった。英語の本家のサイトも見ておきましょう。

一時的にWindows Defenderを無効にしたら、無事にインストールできた。

2.Phtoshopで「Web用に保存」で「指定されたパスは見つかりません」というエラーになる

最初は「Generator に問題があります」というエラーが出ていた。こちらは、PhotoshopのディレクトリにLogsを作成したら「クリック書き出し」は直った。どうしてPhotoshopをインストールしたときにLogsディレクトリを作成してくれないのかは不明である。

Generatorのエラーメッセージについて

しかし、今度は「Web用に保存」で「指定されたパスは見つかりません」というエラーが出てしまう。こちらはWindows DefenderをでPhotoshopのアクセスを許可したら直った。こちらは以下のサイトを参考にした。

【Photoshop】「指定されたパスが見つかりません」と表示された場合の対処方法 
(右クリックでテキストコピー禁止しているサイトなので注意)

今までウィルス対策はESET Securityを使っていたので、このようなトラブルはなかった。まだライセンスは余っているし、ESET Securityに戻そうか思案中である。

ThinkPadのトラブルが多くて、一度Windowsを再インストールしてやろうかと思ったが、やらないでよかった。まだWindows Updateが失敗するとかのトラブルが残っているが。

セールス禁止のシールを貼ったらピンポン鳴らすなよな。

セールス禁止のシールをドアフォンベルのところに貼っています。大抵のセールスはこれで対応しなくて済みます。とろろが今日はそれでもピンポン鳴らすセールスマンがやってきました。

「セールスなんですが、セールス禁止のシールを貼っていますが、あえてお話しをさせていただきます・・・。」って感じで宣言しながらピンポン鳴らしてきた。強気で正直なところは、いいところなんなんだが・・。

やって来たセールスマンは、ちょっと遠くの、普段はうちの会社を相手にしないような超大手のカーリースの法人営業だった。グループ本体は中部のクルマ製造ナンバー1の会社。どぶ板営業でもしているようだ。

いつものごとく、話しを聞かずに断る。前述のフレーズくらいでドアフォンも切ってしまう。

営業をした跡を残すため、パンフレットか名刺でも郵便受けにでも入れておくのだと思ったら、何も置いていなかった。自分だったらそうするわ。大きい会社って本当にやることが中途半端なのよね。反対に断られたという証拠を残さないということなのかな? まあ、うちのような零細会社は眼中にないだろうけどな。

だからさ、セールス禁止のシールを貼ったらピンポン鳴らすなよな。お互いに時間の無駄だからさ。

#RICOH GRの修理が上がってきた

無事にRICOH GRの修理ができてきた。意外と早かった。

どうやって修理代金を支払うかと思ったら、ヤマト運輸への着払いだった。現金で払ったけど、これってカード払いはできたのかな?

修理箇所はレンズユニットの交換ではなくて、中継基板の交換だったようだ。同じ箇所が壊れたら、半年間の無償修理をやってくれるそうな。

最近の不動産屋は退去立会手数料を取るようで

不動産屋から入居者が退去するとの連絡があった。まあ、退去するのはいいとして、いきなり退去立会には手数料が発生すると言われた。

今までその不動産屋とは、そんな話しは全く出ていなかった。その不動産屋は父の代からの不動産屋でだから、かれこれ50年位の付き合いである。

最近入った若い担当者なので、それが本当かどうか知らない。社長に確認しようかと思ったけど、態度があまりにも悪いのでやめた。その不動産屋とは取引停止で今後の募集も停止した。

退去立会でお金を取るのは別の会社で前にもあった。退去でいろいろトラブルがあったので、最後まで退去立会をしない不動産屋は取引停止にしている。

向こうの言い分としては、「リフォームをやってくれるのであれば、退去立会費用はいらない。」とのこと。どうせリフォームは退去立会手数料以上に高く取ってくる。独身1Kのアパートで、いきなりTV付き高級ドアフォンの見積もりが来たときは驚いた。あとは、壁のクロスが倍くらい取られるとか不動産屋出入りのリフォーム会社はべらぼうな料金を請求してくるのが落ち。全部不動産屋任せの大家が多いから、こういうやりかたが許されるのだろうな。

と言うことで、その不動産屋の元社員がやっている別の不動産屋に声をかけて、退去立会とリフォームも丸ごとお願いする。そこの不動産屋は工務店から派生しているのでリフォームも安くて丁寧な仕事をする。その元社員の人に今回のことを話すと、「その不動産屋では今まで退去立会手数料なんて取っていなかったから、最近変わったのかな? 社長も替わっていないし。」とか言われてしまった。

大家としては、募集、仲介、管理、トラブル、退去まで一気通貫で面倒見てくれる不動産屋ではないと付き合いはできない。毎月の管理手数料を取ってもらっても構わないのである。最近は、仲介して入居者を入れてお終いとか、簡単なところしかやらない不動産会社が増えてくる。中には、とんでもない入居者を仲介だけして、数ヶ月分の家賃が飛んでいくなんてことがあるのである。

「退去立会は大家さんよろしく。」なんてないよな。退去手続きって一番の不動産屋の腕の見せどころなのにさ。

アパート経営なんてやめておけ。

700MHz利用推進協会からのちらしを各家庭にポスティングしていた

朝、昨日切った枝のゴミ出しをしようとしたら、バイクに乗った知らない人からチラシを渡された。セールスのチラシだと最初は思ったわ。

携帯とかスマフォが700MHzの周波数帯を利用するからテレビの障害が発生するかもしれないから、もし何かあったら対策をするとかいう協会のチラシだった。

こんなチラシを一枚一枚、ポスティングしているのね。お金かけているわな。以前の地デジ切り替えを思わせるけど、全く700MHzの電波のことは知られていない。

しかし、チラシにはいつから700MHzの電波を使うのか書いていない。もしかしたら、既に使い始めているの? 

バッティングセンターに行ってきた

息子が来週部活のメンバーでバッティングセンターに行くということで、予行演習でバッティングセンターに行ってきた。新羽にあるよく行っていたバッティングセンターは改装中か潰れたかでやっていなかった。

急遽Gmapでバッティングセンターを検索すると新横浜にブンブンがあった。

たどり着いたバッティングセンターは、驚くほどとても小さかった。初めて来たということで、係のおばちゃんが丁寧に教えてくれた。しかも1回20球で100円。1,000円だと6回打てる。安い。

とても空いていて。ほぼ連続して打っていた。息子は楽しんだようだけど、私には辛い。ピッチャーは乱調のようだった。

このバッティングセンターは、マンションが囲まれたところに建っている(上述のGmapを参照のこと)。カキンカキンとうるさいから、私だったらそのマンションには住みたくないな。

CapsLockキーはいらないから

CapsLockキーはあると、いろいろトラブルからいらない。知らないうちにCaps Lockになってしまったとか。

と言うことで無効にしてみた。使ったのは定番のKeySwap。

https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se228667.html

Caps LockキーをCtrlキーに割り当てるだけ。

今回の一番の目的は、Windows10のタスクビューでディスクトップの切り替えがわかりやすくしたかったこと。Windowsキーの隣がCtrlキーにしたので(既にRealForceのユーティリティでCaps LockキーとCtrlキーを入れ替えている)、素早く切り替えができると思う。

普段のCtrlキーはシフトキーの上のキーを使っている。今回のシフトキーの下のCtrlキーはどちらを押してもCtrlキーっていうのはいい感じである。

だからCaps Lockキーはいらない。

リコーGR修理開始。だけどレンズユニット壊れすぎ。

リコーからGRの修理内容の回答があった。やはりレンズユニットの故障だそうだ。

初代GR Digitalはレンズユニットを2回修理した。今も3回目のレンズユニット不調で壊れたまま。何も写真が撮れない状態で放ってある。GRになって改善されたと思ったらダメだったみたい。また修理をお願いするけど、これで修理は3回目。もういい加減付き合ってられないかもな。

しかも保証期間が過ぎてから壊れるのだもの。ちょっと残念。来週には修理が上がってくるらしい。修理代金は、18,000円也。

リコーGRを購入しようとする人は、レンズユニットの故障を覚悟しろ。撮影旅行の間に故障が起きたら最悪だな。

水漏れ対応その後

アパートの水漏れの対応のその後である。

空いている隣の部屋に移動してもらうことにした。ただし、部屋を片付けてからになるので、今月一杯の期限を付けた。今さら、そのまま住み続けるなんて許しません。

最初、横浜市の普通ゴミに出すとか言っていたけど、ゴミの量が半端ないから、近隣住民に迷惑がかかるから、それはダメだと言った。お金を出してゴミ廃棄の業者に依頼して全部持って行ってもらえ、と指示した。

ゴミを片付けないと、修繕で大工さんを入れられない。修繕の依頼は知り合いの業者にお願いしておいた。

アパート管理の不動産会社にも入居者の保険について調べてもらったら、今回はアパート設備の経年劣化なので保険は出ないと言われた。あとは隣の部屋に移動することの契約の確認をした。

アパート物件で入っている保険について、保険代理店に連絡しておく。こちらは水漏れした部屋の設備で保険が下りるそうだ。いずれにしても、片付けが完了してから保険代理店の人に見てもらう。

修繕、不動産、保険の三者に連絡したけど、揃って「お気の毒に・・・」ということだった。皆さんよく知っている方々なので、多少愚痴を聞いてもらった。特にゴミ部屋については、酷いよねえ、って感じかな。

さて、まずはゴミ部屋を片付けをしてもらわないことには始まらない。その入居者は、二階の水漏れの被害者だけど、この部屋の状況からはやさしく対応できないのが現実である。でも、隣の部屋と、電気、水道、ガスはこちら持ちで費用かからずだから良しとしてもらいたいけど。

だからアパート経営なんてやめておけ・・・。

今年も柿がなりました

今年も庭の柿の木に実がなりました。去年はだいぶ枝を切りましたが、たくさん実ができました。負けずに実を付けたみたい。しかも、例年より大きな実がなりました。

庭の柿

自分のところでは食べきれないので、近所に配ります。柿を取っているときに通る人にあげます。

前に住んでいる小さな女の子が、高枝ばさみを使って柿を採っているの見て、「おさるさんに採ってもらったらいいのに。」と言っていました。「だったらお友だちのおさるさんを紹介してね。」と言ってあげると笑っていました。もちろんその子にも柿をあげました。

うちの柿の実は、熟しすぎて柔らなくなりすぎたものもあるし、まだあおくて堅いものをもあるしで、一度に全部採れません。まだ、数十個は残っています。

元々は渋柿だったのを接ぎ木しいますので、下の方は渋柿がなります。そこで今年は渋柿を干し柿にしました。

縦に大きく柿の木が伸びすぎているので、また切ってあげないといけません。