柿の木の枝を切る

自宅のある柿の木は、ずいぶん高く育ってしまい実を取るのに一苦労する。しかも上の方で左右に広がってしまっているので、道路に大きくはみ出すようになってしまった。そろそろ実をすべて獲ってしまって枝を切ってしまおうということになった。

私は高いところは苦手。小さいときに木から落ちてから高いところは嫌い。しかも落ちた木は柿の木だという。柿の木は弱いから危ない。誰もやってくれないので仕方ない。

アルミのハシゴをかけて、ヘルメットを念のためかぶって登る。大胆にかつ迅速に作業する。こんなときは電動レシプロソーは便利。手でノコギリを挽くよりも、電動レシプロソーだと早く安全に作業できる。

上の方の枝を切ってしまう。切りすぎかもしれないけど。今年は80個ほど柿の実が付けたけど、これで何年かは実を付けないかもしれない。

我が家に生えている木は、場所が狭いせいか太陽に向かって上へ上へと育っていく。

コメントを残す