配信を希望してしない人への誤配信の誤配信

じぶん銀行から配信を希望していいない人へメールを送ったらしく、誤りのメールが来た。

======
本日、配信を希望されていないお客さまへ対して、「『じぶんプラス』3月特典内容のご案内」という件名のメールを、当行の不手際でお送りしてしまいました。深くお詫び申し上げます。
======

でも、30分後にまた同じ内容のメールがもう一回来たけど、何かまだトラブルがあるのかな? じぶん銀行さん、大丈夫?

既にauを解約しているので、じぶん銀行の解約の方法はわからない。残高をゼロにしたはずだけど。・・・。

怪しい金融業者から電話があったけど

母の電話番号に電話があった。出たら「間違えました。」ですぐに切られた。ばあさんが出なかったので切られたのかな?

ナンバーディスプレイに契約しているから電話番号が残っているのでGoogleさんに聞いてみると、その電話はソフト闇金(?)という会社だそうだ。住所は今も付き合っている会社が以前に入っていた赤坂の一等地のビルだったのは偶然。

また電話がかかってきてもイヤなので電話機の通話拒否に登録しておく。こういった会社は非通知で電話をしてくるけど、今回みたいに電話番号を通知してくるのは珍しい。何か電話をかける手順をしくじったのかな。

詐欺に遭わないためにも、高齢者のいる家庭にはNTTのナンバーディスプレイのサービスに登録したほうがいいぞ。電話機で非通知、0120の着信を拒否する設定をすると、幾分か危ないところからの電話がぐっと減るぞ。ひかり電話なら、ひかり電話エースがお勧め。

って、NTT関係者ではないけど・・・。

ZenFone3のアップデートが来た

何かZenFone3に来た。だいぶ時間がかかってアップデートした無事に完了したと思ったら、今度はアプリの最適化っていうのに時間がかかっている。

たまたま外出先でメッセージを受け取ったけど、危なくアップデートしそうだった。でも、Wi-Fiを使っていない人は、OSのアップデートは大変だね。



毎度CP+のペンタックスのタッチ&トライのコーナーで思う…

毎度CP+のペンタックスのタッチ&トライのコーナーで思うのですが

一番でペンタックスのタッチ&トライのコーナーでKPを触ってきました。でも、今年も何か前にあったざわざわとした感覚がよみがえります。

最初にコーナーに直接並べません。通路をはさんだ別の列に並ばされます。知らずに直接並ぶと係の人に注意されます。これは前にもやってしまいました。しかし、声を出して案内していないので、皆さんひっかかります。ステージの横が並ぶ列ですので、うるさくできずに案内できないのはわかります。つまりブース内の動線がいつもながら悪いのです。

しばらくして呼ばれてようやくカメラを触ることができます。カメラ1台に1人の係の人が付きます。付いた人は、おそらく営業の人ではなくて開発関係か技術の人でしょう。以前もそうでした。とても寡黙で自分からは何も説明してくれません。仕方ないので。こちらからいろいろ聞いていきます。おそらくお客さんが満足するまで触らせるというペンタックスという会社の気遣いでしょうか。

今回のKPの場合、
「どこが特徴なのでしょうか?」
「だいぶ厚みが薄くなって、感度も良くなっています。」
「このカメラを買ったときに一緒に買う最適なレンズはありますか?」
カタログを見せながら「このリミテッドレンズがいいです。」
「古いフィルムのレンズは付きますか?」
「Kマウントでしたら付きます。」
これ以上話しが続かなくなります。こちらはギブアップで終了です。

薄くなったというところを、MX並にもっと小さいカメラを出しておくれよ、まだまだペンタックスは本気出していないでしょ、なんて言いたいところをぐっと堪えます。何かこちらから要望なんて言ったら悪いなんて気がしてきます。私だったらQを買えや、と言うかもしれません。

エンジニアがイベントで製品を説明することのメリットって何でしょうか?
製品のより詳しいことをお客さんに伝えること。
お客さんからのフィールバックを次の開発につなげること。
こんなもんでしょうか。

同じブース内のリコーのTHETAの説明の人は、反対にとてもフレンドリーでした。こちらの知りたい以上のことを教えてくれました。
THETAを買ってしまおうかと思ってしまいましたよ。


IP電話=迷惑電話って思うよね

050で始まる電話番号があると、大抵は迷惑電話。今日は成人式の写真のセールス電話がかかって来た。

家族間の電話は無料で使えるOCNの050の電話を使っているけど、会社からかかってくるIP電話は相変わらずセールスなのよね。03の電話は信用されるので、地方でも03を取得する会社があるけど、050って地位が低いような気がする。

今日かかって来たのはシルキーとかいう写真屋だった。電話番号でGoogleさんに聞くと、その他貸衣装とかでセールス電話をしているそうだ。迷惑電話の報告が多数ある。

名簿から電話しているとのこと。電話されたくなったら名簿屋に連絡してほしいとか言い出すので、「何でこちらから電話代払って連絡しないといけないのだ。」と始まって、多少相手にストレスを与えるように、5分ほど一方的に話してあげた。すいません、すいません、で最終的には向こうから電話を切られた。

しかしながら、テレセールスの人は、何で自分から電話を切らないのだろうか。自分から電話を切るのは失礼と思っているのかな。電話をかけてくる事態、失礼なのに。

アマゾンのカスタマー Q&Aって・・・

アマゾンの商品に書かれているカスタマー Q&Aって、何でわざわざそんな回答をするのかわからないな。

例えばUBSメモリの質問で、

「Windows10で使えますか?」

という質問に、

「Windows7でしか使ったことないのでわかりません。」

という回答を載せる必要があるのか? わざわざそんな回答する必要ないじゃない。

はたまた、

「readyboostが出来ません。どうしたらいいでしょうか?」

「私はそのような使い方を必要としないのと興味のないことで知りません。」

とか。興味ないことだったら答えなければいいじゃない。必要なかったら、どうして必要ないか教えてあげればいいのに。

これって回答するとポイントが付くとかあるのかな? それか回答すれば経験値が増えて何かいいことがあるとか。

こいつら、わざとやっているのか。わからないな・・・。


エネオス電気から勧誘電話があったけど

エネオス電気からエネオスカード会員向けに勧誘電話があった。こちらは既に東京電力のプレミアムプランに加入しているし、プレミアムプランは期間の縛りがあるので関係ないし、電気の自由化なんていわれても、そんなに劇的に電気料金が安くなるわけでもないし、そのまま東電でよいと思っている。

何でエネオス電気がエネオスカード会員向けに電話できるの? と聞いてみると、エネオスカードの会員規約に書いてあるから大丈夫と言われた。カードの会員規約なんて詳しく読み込んでいないので、こちらとしては本当にそうなのかわからない。

そもそも、エネオスカードとエネオス電気は違う会社なのか尋ねると、違う会社と答えた。

だったら、エネオスカードに会員情報を他社に流さないように言ってくれと頼んだ。これは言っておくということになったけど、本当にエネオスカードに他社にこちらの情報を流れなくなったか確認をくれるかと聞いたら、エネオスカードではなくエネオス電気から確認の連絡を行くとい言われたから、エネオスカードから連絡くれるようにお願いしたけど、これは上司と相談するので電話を切られた。でも、もう二度とエネオス電気から連絡が入らないように、着信拒否の設定を電話機にしておいた。

あとでエネオスカードの会員規約を読み返してみたけど、確かに規約の「 個人情報の収集・利用・提供の同意に関する規定 」の「第3条(各種サービス実施にかかる利用)」と「第5条(提携企業への提供・利用)」に書かれている。もしかしたらエネオスカードの会員情報を他社に流さないようになんてできなくて、会員規約を同意することは、会員情報を流すことも含めて同意しなければいけないので、エネオスカードを使えなくなるのではないかと思うけど。特に情報を他社に渡すことを拒否するなんて選択はできないみたい。

まあ、私のようなめんどくさいヤツがいるということで、せっかく個人情報を企業間で回しているのであれば、こんな奴にはセールス電話をしないほうがいいよ、というのも回してくれればいいのにと思うわ。

Embedded Link

www8.ts3card.com/agree/rules_eneos.pdf

QNAPのディスクを交換中

アマゾンからハードディスクが届いたので、早速交換してしまう。電源落として、赤ランプが付いているハードディスクを外して交換する。

電源を投入すれば、後は勝手にRAIDの再構築をしてくれる。相変わらず全然処理パーセントが進まない。終わる気がしない・・・

外したハードディスクをCrystalDiskInfoにかけてみると「正常」と出てくる。各項目も異常な値になっていない。QNAPってどこでハードディスクを異常と判定しているのだろうか。不思議だ。

Reshared post from +Mune Ando

QNAPのディスク拡張をやる、と書きましたが、一晩経っても全然進んでいない。本当にうまくやっているのでしょうか? 全く終わる気がしない・・・。

QNAPのディスク拡張。終わる気がしない・・・。
QNAPのディスク拡張をやる、と書きましたが、一晩経っても全然進んでいない。本当にうまくやっているのでしょうか…

ソフトバンク光のセールス電話があったけど

電話機の0120拒否の設定を解除していたので、ソフトバンク光の電話がかかって来た。こちらのミス。

まずは名前を確認された。これで名簿で電話をしていることがわかる。フレッツから乗り換えると安くなると説明が始まる。これでこちらがフレッツを使っていることを知っている。おそらく、フレッツ利用者のリストが流れているのね。

こちらは固定IPアドレスが使っているし、アドレスを変わると仕事にならないので断ると、「確認します」といって中断。「結果回線が変わるだけなので使えます。」と言われる。

でもプロバイダが変わるとアドレスが変わるでしょ? というと「確認します」で、しばらくすると「プロバイダが変わらないのでアドレスは変わらない。」と言われる。

固定IPアドレスってわかっているの? と言うと、またまた「確認します」でしばらくして「わかります。」と言われた。

わかっていないでしょ? と質問すると、またまたまた「確認します。」で、しばらくして「わかっています。」と言われる。もういいや・・・。

もしソフトバンク光に契約して固定IPアドレスを使えなったらどうするの? と聞いたら、またまたまたまた「確認します。」で、「大丈夫です。」だって。

いい加減、退散してもらう。どこから電話番号を知ったかを聞いたら、「ランダムの番号で電話しています。」と言っていたけどウソだろうな。

あとでGoogleさんに「ソフトバンク光 プロバイダ」で尋ねたら、プロバイダはYahoo! BBになるらしい。Yahoo! BBは固定IPアドレスのサービスを提供していないし、これらも嘘つきで二重でダメじゃん・・・。

リトワ化粧品というところから電話があったけど

リトワ化粧品というところから電話があったけど。リトアかリトワと聞いたらリトワというけど、後でGoogleさんに聞いたらヴィトワだった。

奥さんはいるかと聞いてきたから、はあ?、と答えたら、会社だったのか聞かれた。何で電話したか聞いたら、電話番号の下4桁の組み合わせでかけているから、名前とか住所とかの個人情報は持っていないと先に言われた。

そこで下4桁の組み合わせって何通り? って聞こうとしたら、相手も面倒くさくなったらしくて電話を突然切られたわ。