花粉症の手術

花粉症予防の手術を耳鼻科で受けてきました。これから花粉症の季節です。少しでも症状を軽くするための手術です。

手術といっても、メスで切ったりしません。もちろん、入院なんかしませんし、20分位で終わります。一応、鼻の粘膜に麻酔をします。麻酔も注射ではなく、薬をガーゼで散布します。

麻酔が効いたところで、鼻の粘膜に薬を塗っていきます。先生に処置の説明を受けましたが、あまりわかっていない。粘膜に化学的(!)に綿棒で焼いていきます。奥のほうを焼いていくときに痛みを感じますが、処置の間はそんなに痛くないです。

ところが、自宅に戻って麻酔が切れてくると激痛が・・・。半日ほどで痛みがとれますが、今は花粉症で鼻が詰まった状態です。ダメじゃない。先生の話ですと、最初は炎症が起こるが、あとは大丈夫とのことですが、これからどうなるか、乞うご期待。

暖かくなる季節の花粉症ほど辛いものはありませんので、これでよければうれしいですね。

“花粉症の手術” への1件の返信

コメントは受け付けていません。