5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

CakePHPでテーブルに保存できないときの覚え書きの話し


自分への覚え書きです。

CakePHPでテーブルに保存できないときのチェックポイント。

バリデートが通っていないかチェックしろ。

まじめにモデルにバリデートの設定をしていたらはまりました。Model::sate()の2番目の引数は、バリデートをするかの引数です。falseにすればバリデートを無視します。CakePHPのモデルのソースを読んでいたら見つけました。

ソースでは以下のような感じ。

$this->Model->id = $id;

$Model['Model']['flg'] = '9';
$Model['Model']['mail'] = 'xxxxxxx_' . $user_mail;
$Model['Model']['url'] = 'xxxxxxx_' . $user_url;

// mailとurlはモデルのバリデートにしたがっていないので、バリデーションはOFFにする。
if ($this->Model->save($Model, false)) {

}

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。