5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦を過ぎたWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

整体院、整形外科に行くのをやめた話し。


脊柱管狭窄症と診断されて10ヶ月あまり、途中母が亡くなったとかあったけど、とうとう通っていた整体院をやめることにした。理由は、全く改善されないことである。

最初はぎっくり腰の影響か腰から背中にかけて痛みがあるので、整形外科で診てもらったところ、MRを撮って脊柱管狭窄症と診断された。その後の治療と言えば、機械で温めて背骨を伸ばすくらいの温存療法しかしてくれない。そのうち母の具合が悪くなったので、2ヶ月くらいでその整形外科に通うのをやめた。

整形外科に通院する代わりに近くの整体に通ってみたけど、ここは脊柱管狭窄症ってなあに?と言うくらいの柔道整復師の整体院だったので、こちらも効果がなかった。

そろそろ生活も落ち着いてきたので、いまだに背中が痛いので整形外科を探したが、どこも診察までに2時間待ちという混みようだった。たまたま飛び込みで入ったショッピングモールに入っている整体院が空いていたので診てもらった。そこの整体は、一応は脊柱管狭窄症のことは知っているようだけど、なんだかその患部は怖くて触れないようで、周りの臀部や肩をマッサージするまでしか治療はしてくれない。鍼とか灸、カイロプラクティックとか勧められそうだったけど、特にカイロプラクティックは全く効果がないと信じているし、鍼と灸も以前施術して何も変化がなかったので、すべて断った。

結局はその整体も何ら症状が変わらないので、2ヶ月くらいで通うのをやめた。やめたというか諦めた。

歩けなくなるとか動けなるとか、もっと症状が悪くならないと、注射とか手術とか次の段階の治療をしてくれなさそうだ。

しかし、歩けないとかは嫌だから、本を読んで筋肉を付けたりストレッチをしたりと、自分なりに予防している。あまり効果がなさそう。

今回の背中と腰の筋肉の張りによる痛みは、ぎっくり腰から来ていると思う。脊柱管狭窄症も痛みをかばって悪い姿勢になっていたのではないかと思う。ぎっくり腰も、結局は整形外科では何も治療らしいことをしてくれないし、整形外科業界では治療方法は確立されていないかと疑ってしまう。ということで、ぎっくり腰には気を付けようということになる。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください