5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

会社のホームページを見て電話していると言うけど、それは嘘でしょ、という話し


昼になるとセールス電話がかかってきます。今日は請求書システムの紹介というセールスで15分時間をください、と言われたけど断った。

テイトナとか会社名を名乗っていたけど、そんな会社は見つからない。上記のサイトの情報に書かれている会社とは別の会社である。いろいろと違う会社の名前を上がっているようだから、この電話番号は営業電話をかける専門のコールセンターのようだ。電話してきた人は、社員です、と言っていたけど、売りたい商材の会社の社員ではなくて、コールセンターの社員だから嘘はついていないと思うけど、バイトかパートだったら多少嘘になる。テレワークで電話していると言っていたけど、多少怪しいな。

いつものようにどこで電話番号を手に入れたと聞いてみると、会社のホームページから電話していると言ってきた。ここで嘘がばれた。

会社のホームページには随分前から電話番号を載せていないし、セールス電話お断りの文字が赤字で大きく書いている。

そこを指摘してあげると、慌ててホームページを確認したみたい。しかし、今度はホームページを見ながら電話していて、ホームページ上の電話番号を拾って電話しているのではない、と苦しい言い訳をしてきた。

さて、ではだったらどこから電話番号を手に入れたと再度聞くと、会社のほうから入手したと言いだした。どの名簿からは絶対に言わない。そこをずっと突っついてあげる。

こちとら作業の途中で電話を取ったものだから、今何をやっていたのか既に忘れている。どうせ作業に戻っても効率的に作業できないということで、しばし電話に付き合ってあげる。だたし、肝心の売りたい商材の話しなどはさせない。

さあ、答えろ、と追い込んでいくと、とうとう根をあげたようで捨て台詞で電話を切られた。キチンとした電話営業専門の会社だったら、二度と電話しないほうがよいめんどくさい人というようなフラグを営業管理システムに付けてくれるだろう。この情報は、すべての名簿業者に回ればいいのに。

知らない電話は詐欺の始まり

詐欺被害経験者より

高齢者への詐欺電話を防止するためにも、NTTはナンバーディスプレイを無料で提供すればいいのにと本当に思う。携帯電話は無料で着信番号表示をしているので固定電話でもできるはず。発信者通知は迷惑電話をかけてくる輩は嫌がるので、ナンバーディスプレイは本当に迷惑電話防止になる。ナンバーディスプレイに契約して対応した電話機ならば、発信者番号を通知しない詐欺電話は非通知になって拒否されるので、少しは安心である。これで詐欺電話は随分と減るので、NTTのナンバーディスプレイは詐欺電話撃退にはお薦めなのである。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。