5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

断っても電話をしてくる不動産業者に、特商法でめんどくさいことになるぜ、と言っておいた話し


何だが聞いた覚えの会社名の不動産業者から電話があった。Evernoteの迷惑電話の履歴に残っていた。これで3回目である。2回とも電話しないように断っている。

電話番号08003000137はケーツー不動産営業

電話帳ナビ

そのことを電話口の若い男性に伝えると、

「電話したことは残しているけど、電話を断ったというのは残していない。」

だってさ。ダメダメじゃない。

「特商法でめんどくさいことになるぞ。」

と警告をしておいた。また、小難しい特商法の名前を出したら、すぐさま引き下がった。

(契約を締結しない旨の意思を表示した者に対する勧誘の禁止)
第十七条 販売業者又は役務提供事業者は、電話勧誘販売に係る売買契約又は役務提供契約を締結しない旨の意思を表示した者に対し、当該売買契約又は当該役務提供契約の締結について勧誘をしてはならない。

特定商取引に関する法律

でも、特商法は本当は宅地建物取引では適用例外なのである。理由は調べてね。

リストからこちらの情報を削除するとか言っていたけど、また電話をかかってくるのだろうな。今度電話してきたら、監督官庁に言いつけてやろう。

高齢者への詐欺電話を防止するためにも、NTTはナンバーディスプレイを無料で提供すればいいのにと本当に思う。携帯電話は無料で着信番号表示をしているので固定電話でもできるはず。発信者通知は迷惑電話をかけてくる輩は嫌がるので、ナンバーディスプレイは本当に迷惑電話防止になる。ナンバーディスプレイに契約して対応した電話機ならば、発信者番号を通知しない詐欺電話は非通知になって拒否されるので安心である。これで詐欺電話は随分と減るので、NTTのナンバーディスプレイは詐欺電話撃退にはお薦めなのである。

そろそろ、めんどくさい電話口リストに登録されないかな。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。