5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

会社宛に助成金詐欺のような電話がかかって来た話し


会社の電話に0800で始まるフリーダイヤルで電話がかかって来た。フリーダイヤルでかかってくるのは、銀行の認証電話かセールス電話である。

案の定セールス電話であった。厚労省とは関係ないけど、雇用保険に関する助成金サポートのセールス電話であった。助成金サポートというのは怪しい。そもそも、そういった助成金は官公庁からは申請のハードルを上げてもらえないような仕組みなっているから、こんな詐欺まがいの会社が出没するのである。厚労省も注意喚起をしているけどね。

助成金に関する勧誘にご注意ください

厚生労働省

どうして会社の電話番号を知ったかと尋ねると、懐かしのiタウンページに載っている電話番号でかけているそうな。そもそも、うちの会社はNTTに依頼して、iタウンページから情報を随分前に削除してもらっている。もし、まだ載っているのであれば、設立当初の20年前のピンポイントのデータを見たということになる。その可能性はあまりにも低いので、どこかの悪いデータを購入したのだろう。

そのことを指摘してみると、テレセールスの会社だから、依頼された助成金サポートの会社からデータをもらっただけだから知らないってさ。まあ、セールス電話って、いつもの通りの回答なのである。だから、セールス電話は、時間の無駄なのである。

国から助成金をもらうには、いろいろ書類と書いたり揃えたりと大変だから、こんなサポートしようとして中抜きする連中が蔓延るのよね。手続きを簡単にすれば、今度は不正にもらおうとする連中も増えるしで難しいよね。

知らない電話は詐欺の始まり

詐欺被害経験者より

高齢者への詐欺電話を防止するためにも、NTTはナンバーディスプレイを無料で提供すればいいのにと本当に思う。携帯電話は無料で着信番号表示をしているので固定電話でもできるはず。発信者通知は迷惑電話をかけてくる輩は嫌がるので、ナンバーディスプレイは本当に迷惑電話防止になる。ナンバーディスプレイに契約して対応した電話機ならば、発信者番号を通知しない詐欺電話は非通知になって拒否されるので、少しは安心である。これで詐欺電話は随分と減るので、NTTのナンバーディスプレイは詐欺電話撃退にはお薦めなのである。

追記(2023年1月17日)

こちらの記事へのアクセスが多いので、助成金のコンサルタントについて調べてみた。

上記の全国社会保険労務士会連合会のサイトによると、コンサルタント会社による助成金手続き支援は違法だそうだ。このような手続き業務は社労士が行うもので、資格のない者が行うと法律違反となる。順法するとなると、コンサルタント会社から提携している社労士を紹介してもらうことになる。手続きは社労士と直接行うことになる。

おそらくコンサル会社が社労士抜きで手続きを進めてしまうのではないか。そのほうは手続き費用が押さえられるしな。もっと危ないのは、手付け金だけ取って放っておかれて、助成金が通りませんでしたで終わるというのが、考えられる詐欺の手口ではないかな。

いずれにしても、本当に助成金が欲しければ、がんばって自分で手続きをするか(自分で手続きができないようにハードルが高い)、知り合いの社労士にお願いする(会社を経営していれば社労士の付き合いがあるでしょう)のが一番安全なのである。電話営業をしてくるコンサルタント会社に依頼したら、あとで痛い目に遭う。

世の中、弁護士、税理士、司法書士、行政書士、社労士と士業で成り立っているのである。士業も現実厳しいわな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。