カテゴリー
その他

佐川急便から問い合わせの回答電話があった話し

広告

いきなり携帯電話の番号で、佐川急便の担当者から、問い合わせの回答があった。大手の会社でも固定電話ではなくて、突然の携帯電話から電話するのね。しかも、とてもフレンドリーな担当者だった。

さて、今回の問い合わせの内容は、アイリスオーヤマでマスクを購入したけど、飛脚メール便では届かなかったのはどうしてか? ということだった。アイリスオーヤマでは、どうして返送されてきたかわからないから佐川急便に聞いてくれと言われてしまったので、佐川急便の方に聞いた。

アイリスオーヤマから送られて来たお問い合わせ伝票番号を担当者に言ったが、その番号は存在しない番号という不思議なことだった。もしかしたら、アイリスオーヤマは本当は送っていない、でもカードの請求が来たしな。

あと佐川急便の担当者がおそらくこれが原因ではないかいうのは、郵便受けに「DM禁止」とシールを貼られると、配達員が気を使って投函しなかったのではないかということだ。

でも、ヤマトのDM便と違って、飛脚メール便はDMや書籍以外でも、通販商品の配送でも使ってもOKらしいので、配達員が気を使うことはおかしいのではないかと言ったら、それはそうですよね、と言われてしまった。

ちなみにヤマト運輸のDM便は投函禁止の登録をヤマト運輸にしているが、佐川急便の飛脚メール便は投函禁止の登録はしていなかったことは確認できたので、最初から投函しないというのもなさそう。

佐川急便の担当者は、気になるから引き続き調べます、と言ってくれたけど、どうせアイリスオーヤマから返金処理したので(本当に返金してくれるか心配になるけど)、あまり気にしなくて結構です、とは言っておいた。

以上、おかしなことに巻き込まれたけど、最初から商品の発送に飛脚メール便を選択しなければよかったということだった。

広告