台湾でSIMを購入して旅行してきた

先週は3泊4日で台湾の台北に行ってきた。とても暑い。この時期は辛いかもな。

台湾でのモバイル環境は、台北市がやっているフリーWi-Fiとかあるけど、フリーSIM対応のスマートフォンに期間限定のSIMを買って入れてしまった方が便利。いちいちアクセスポイントを探さなくてもいいし速いしね。フリーWi-Fiにつなごうとみたけど、どこにでもあるとは限らない。日本でIDを取って行ったけど、アクセスポイントが見つからなくて結局使わずじまいでだった。

台北の松山空港(四国愛媛ではないぞ)に着いたらすぐに、到着ロービーにある中華電信のカウンターでフリーSIMを購入してしまう。3日で300元。日本円で1000円ちょっと。安いよね。家族分3枚を購入してしまう。パスポートとクレジットカードで契約できる。

持っていったスマートフォンはiPhoneとZenFoneだから中華電信のカウンターの人が全部やってくれた。手慣れたもんで速攻で完了。交換した日本のSIMはビニールのポチ袋に入れてくれるけど、絶対無くさないように。ホテルでどこにしまったか、大慌てで探したのは私です。

3日間の契約だけど、最初の日はカウントされないので実質4日間使える。4日目の23:59:59で契約終了。3泊4日でも間違えて5日のSIMを買わないように。

日本では海外旅行者向けに無料のWi-Fiがないからダメだと言っている人がいるけど、もっと安価にSIMを売った方がよいと思ったわ。絶対SIMでつなげていた方が楽チンだしセキュリティ上安心だしな。

台湾に行くのなら、絶対にSIMを購入したほうがいいぞ。あと、帰りの飛行機の中で日本国内のSIMに戻すのにクリップを持っていくことも忘れずに。