トイレのボールタップ交換

トイレが微かに水漏れしています。タンクの蓋を開けてみると確実に水が漏れています。

四半世紀もののボールタップですので仕方ないですので交換してみました。トイレはパナソニック(旧ナショナル)ですが、実際はINAXです。今回は三栄の汎用品で交換します。こちらはINAXでもTOTOでも、手洗い付きでもなしでも交換できます。

説明書通り交換すれば20分ほどの作業です。ボールタップと給水管との接続がなかなかできませんでした。うまい具合にネジ山を見つけて締め付けます。あまりキツく締め付けると水漏れしてしまうので注意です。

しかしながら、給水管と止水栓の接続部のパッキンが固くなって寿命のようでした。今回は交換のパッキンが手元になかったので交換しませんでしたが、おそらく次回はここから水が漏れるでしょう。近いうちにパッキンを手に入れて交換してしまいます。

ということで、無事にポールタップの交換が完了です。水漏れが止まりました。タンクが一杯になったとき、グッと気持ちよく水が止まるようになりました。

ピストンパッキンが手元にどういう訳がありましたので(昔、INAXに直接注文した模様)、取り替えたINAXのボールタップのパッキンを交換してみました。分解するとパッキンが固くなってゴムが溶け出しています。

トイレのピストンパッキン交換
トイレのピストンパッキン交換

ボールタップってとても単純な構造になっているがわかります。タンク内のフロートがピストンパッキンを突き上げて水を停めているだけ。この単純さが壊れにくいのでしょうね。

ピストンパッキンを交換して、こちらのボールタップは予備の部品として確保しておきます。これでいつトイレの水漏れのトラブルがあっても対応できます。私は水道屋ではない・・・。