セゾンカードを語る偽メール

ツレのメールアドレスにセゾンカードからメールが入った。何でもアクティベーションロックをかけたので登録し直してくれというのものだった。ロゴとか本物っぽいけど、何か書いてある日本語が怪しい。

運の悪いことに、そのメールの5分後にセゾンカードから、いつものお知らせメールが来ていた。どうしたもんかとツレが聞いてきたので、セゾンカードに連絡してみたら、と答えておく。

実際にセゾンカードに連絡を入れてみたら、アクティベーションのメールは偽物、お知らせメールは本物だった。このタイミングでどうして偽物メールが送信してきたのだろう。たまたま偶然なのかな?

それにしても、カード明細に何か不審なことがあったらカード会社に連絡しろ、というけど、なかなか電話がつながらないのよね。諦めて放っておく人も出てくるのかな?

偽メールの送信元のアドレスがpwのパラオだし、書いてあった本文の日本語が絶対におかしいし、落ち着いて考えると偽物だということはわかる。しかし、この辺りは、もっとうまくできるので、欺すことを本気になれば本物偽物かわからなくなるのだろうな。

まあ、ツレがセゾンカードを使っていることと、メールアドレスが漏れていることは確実。