医療費の点数がなんで上がったか説明してくれない

今日行きつけのクリニックにかかったら、やけに支払いが高かった。血圧図って問診30秒なのに。在宅医療という項目の点数が高くなっていた。窓口の人に質問すると、今年からあるものを出すと点数を取れることになったから、と答えたので、それならちゃんとそのことを上がった時点で説明しないのはおかしいし、あるものは薬局で受け取っていて代金を支払っているのではないかといったら、点数については説明しないとか言い出すので、投薬とか他の項目についても突っ込んで聞いてみた。

いろろいろと医療明細の点数について聞いても、窓口の人も答えられなくなったので、代わりに報酬支払基金に連絡して聞いてくれと投げられた。

支払基金に連絡したら、今度は県の医療安全相談センターに言ってくれと言われて、安全相談センターからは担当がいないから答えられないと言われた。今はここ。安全相談センターの人に言われたのは、「結局症状とかカルテとか患者の詳しい情報がわからないと、こちらでは何とも言えない。病院側がもっと丁寧な説明をすべきである。」だった。まあ、ごもっともな話し。外部の団体に聞いてくれというのは、クリニックが説明放棄をしたようなもの。

もう数年そのクリニックにかかっているけど、全く症状も改善されないので、違う病院に変わった方がいいかな。そのクリニックは混んでいなくて無駄な待っている時間を使わなくてもよかったし、お医者さんと看護師さんは優しかったけど、どうも窓口の人とはやり合うことが今までも数回あったので変えたほうがいいかな。

こちらとしては、クリニックを信じて医療費を支払っているのに、その明細についてキチンと説明しないのはダメだと思うのよね。それに窓口の人が言った言葉の「点数を取れるようになりました。」なんて言われると、隙見て金を巻き上げてやろうと思ってしまうのは、こちらの考えすぎなのかな?

何か点数計算はキチンとした決まりがあるようだけど、中身はわからければ病院の言い値みたいなものだから、間違えていても患者のほうではわからない。