パナソニックのコンセント取付枠は種類があるのね

部屋のスイッチのパネルが古いので、新しく交換してみた。

しかし、パネルとスイッチとすき間が2~3mmも空いてしまう。どうもおかしいと思ったら、パナソニックにはコスモシリーズ ワイド21とフルカラーと2種類の配線器具のシリーズがあったのを思いだした。付いていたのはフルカラーの配線器具だった。そこにコスモシリーズワイド21のパネルを付けたもんだから空いてしまったようだ。パナソニックの場合、コスモシリーズ ワイド21にフルカラーのコンセントとスイッチは混在して取り付け可能であるというところに落とし穴があった。

手元にコスモシリーズワイド21のコンセント枠があったので、スイッチをはめてみたら、今度はすき間が空かずにきれいに取り付けられた。

フルカラーのスイッチの場合は、コスモシリーズワイド21のコンセント枠にはめるとうまくいくみたい。コスモシリーズワイド21のスイッチ枠だとフルカラーのスイッチが物理的にはまらなかったのでダメだった。これは注意が必要。

コスモシリーズ ワイド21のパネルを取り付けてすき間が空いているものがあるから、コスモシリーズ ワイド21のコンセント枠を追加で注文しておいた。フルカラーの取付枠もたくさんあるから、今度はパネルは間違えないようにフルカラーのものを買ってこなくてはいけないな。

結局パナソニックの配線器具はいろいろややこしい。つまり取付枠、スイッチ、コンセント、パネルは、同じコスモシリーズワイド21かフルカラーかで統一しておくことが確かである。

電気工事士の試験では、取付枠までしか実施試験に出なかった。パネルまで出なかった。こうやって失敗しながら覚えていくのだ。

 

 

投稿者:

avatar

ando

50過ぎてもプログラマーの気持ちを忘れない。