5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

カウネットの代理店から電話があったけど、これは名簿を使ったセールス電話だった話し


カウネットの代理店と称する会社から、自分の会社の番号に電話があった。何でもiタウンページから番号を調べて電話をしているそうだ。

それはおかしいんですわ。だって、うちの会社の電話番号はタウンページには電話番号を登録していませんから。引っ越し前の事務所の電話番号は、セールス電話がイヤだったから削除してもらったくらいですから。

本当にどこから調べて電話しているのか、突っ込んで聞いてみると、今度は会社のホームページを見たとか言い出す。しかし、ホームページの会社概要には、しっかりとセールス電話はお断りと書いてある。これを読まなかったの、と聞いたら知らないと言われた。

突然、上の者と替わりますと言って、3分位待たされて、替わった人はランダムの電話番号で電話していると言い出す。でもカウネットは会社向けのサービスだから、個人に電話しても仕方ないのでは言うと、今度はiタウンページでしたと再び言い出す。

正直に言ってよ、と言うと、いやiタウンページですと今度は言い張る。

どうせ会社の電話番号なんて個人情報ではないから保護されるものではないから別に名簿に載っていても仕方ないけど、もっとマシな言い訳を考えたらいいのに。

この件はカウネットに言いつけておいた。カウネットの人は、代理店の会社名を言ったら、すぐに理解したようだった。どこも代理店管理は大変だよな。

代理店のサイトを調べると本社は名古屋だけど、発信者番号は横浜だったから、おそらくどこかのコールセンターの会社を使っているみたい。その代理店はカウネットの代理店一本でやっているみたい。しかも代理店って、カウネットのカタログを請求してもらうだけみたい。別に文房具をカウネット経由で売っているわけでもない。誰でもできる仕事のよう。

そして、iタウンページの会社にも、本当にまだ登録されているのか確認の連絡を入れておいた。iタウンページでうちの会社の名前を入れると、該当なしだから登録されていないようだけど、登録されていたら削除してもらおう。

知らない電話は詐欺の始まり

詐欺被害経験者より

高齢者への詐欺電話を防止するためにも、NTTはナンバーディスプレイを無料で提供すればいいのにと本当に思う。携帯電話は無料で着信番号表示をしているので固定電話でもできるはず。発信者通知は迷惑電話をかけてくる輩は嫌がるので、ナンバーディスプレイは本当に迷惑電話防止になる。ナンバーディスプレイに契約して対応した電話機ならば、発信者番号を通知しない詐欺電話は非通知になって拒否されるので、少しは安心である。これで詐欺電話は随分と減るので、NTTのナンバーディスプレイは詐欺電話撃退にはお薦めなのである。

続きはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。