So-netの代理店と称する会社から電話があった話し

今日はソネットの代理店と称する会社から電話あった。そういえば、以前ソネットの営業が、界隈でピンポン営業していたっけ。

どうせNURO光の営業だと思って、反対にいろいろ質問してみた。

Q: どうして電話番号を知ったの?

A: 市内局番で地域を指定して、下4桁をランダムに電話をしている。

Q: もしかしたら、プロバイダをやっている会社に電話しているかもしれないけど大丈夫?

A: 相手の名前も知らないから、そうかもしれない。

Q: 何だか無駄な電話をしていると思うけど、一日何件電話しているの?

A: 今で209件目です。

Q: そのうち話しを聞いてくれるのは何件くらい?

A: 20件くらいは話しを聞いてくれます。

Q: とても大変みたいけど、バイトの人?

A: いいえ社員です。

Q: 契約したら、何か報酬はあるの?

A: なにもありません。

Q: それだったら、今流行りのブラックな会社?

ここで、また電話します、と突然電話を切られてしまいました。また電話されたら困るので、迷惑電話登録をしておきます。

まあ、セールス電話の途中で切るなんてまだまだだな。

しかしながら、ソネットは代理店指導なんてやっていないのだろうな。今のところNURO光なんて入る気もこれっぽっちもないし。

以上の迷惑電話撃退の商品は、ナンバーディスプレイの契約が必要のはず。高齢者への詐欺電話を防止するためにも、NTTはナンバーディスプレイを無料で提供すればいいのにと本当に思う。発信者通知は迷惑電話をかけてくる輩は嫌がるので、ナンバーディスプレイは迷惑電話防止になる。ナンバーディスプレイに契約して対応した電話機ならば、発信者番号を通知しない詐欺電話は非通知になって拒否されるので安心である。