通販サイトの電話オペレーターに知っておいてもらいたいことを書いておく話し

今日、ツレ宛てに電話があった。テレビ局系の有名通販サイトからだった。以前、ツレが購入したらしく電話したとのことだった。何か買い物でトラブルがあったかと思ったので、出かけていたので代わりに話しを聞く。

「保険のサービスが」というので、「セールス電話は断っています」と言うと「セールスではなくてサービスの紹介です」と言われた。「サービスの紹介だけではなくて契約まで案内するのでしょ」と返すと「そうです」と答える。「それがセールス電話と言うんです」と言うと「あくまでもサービスの紹介です」と返してきた。どうもセールス電話とは認めないようだ。

これを繰り返していくと埒があかないので、「ユーザー登録のときにセールス電話の連絡が行くと規約に書いてあるの?」と尋ねると、「そんなことは知らない」と言われてしまう。「ちょっと待て」とこれから延々と説教を始める。

もし、書いてあるのであれば、電話をしてくるのは仕方ないけれど。電話をしてくるのであれば、キチンと規約に則って連絡を入れていることは知っていないとダメではないか。知らないのであれば、本当にあなたが名乗った会社から電話をしているということも、怪しくなってしまう。どうせ、この電話も録音されているから、その辺りをよく考えて電話をしろと伝える。

何だか、こんな電話が続いているような気がする。

以上の左の商品は来客を知らせるピンポンを鳴らして迷惑電話を遮るだけのアイディア商品である。右2つの迷惑電話撃退の商品は、電話機に接続して着信番号を表示するのでナンバーディスプレイの契約が必要のはず。高齢者への詐欺電話を防止するためにも、NTTはナンバーディスプレイを無料で提供すればいいのにと本当に思う。発信者通知は迷惑電話をかけてくる輩は嫌がるので、ナンバーディスプレイは迷惑電話防止になる。ナンバーディスプレイに契約して対応した電話機ならば、発信者番号を通知しない詐欺電話は非通知になって拒否されるので安心である。これで詐欺電話は随分と減る。