Amazonのマーケットプレイスでの書籍の郵送

Amazonのマーケットプレイスで書籍を送るときの、郵送手段のまとめ。

料金表(2013年10月12日現在)

定形外郵便物 信書OK 重量 50g以内 100g以内 150g以内 250g以内 500g以内 1kg以内 2kg以内 4kg以内
運賃 120円 140円 200円 240円 390円 580円 850円 1,150円
ゆうメール 信書NG 重量 150g以内 250g以内 500g以内 1kg以内 2kg以内 3kg以内
運賃 180円 210円 290円 340円 450円 590円
レターパック 信書OK A4 厚さ3cm以内
4kg以内
パックに入れば
4kg以内
350円 500円
メール便 信書NG A4 厚さ1cm以内 厚さ2cm以内
80円 160円

輸送手段

まずは、厚みと重さを量ること。

  • 厚さが1cm内ならメール便、2cm以内で100gを越えてたらメール便。
  • 100g以内なら定形外郵便。ただし、書籍を送るときは、あり得ない。
  • 500g~1kg(専門書に多い)で厚さ3cm以内なら、ゆうメールと10円違いなので、速く安心なのでレターパック。
  • 500g以内ならゆうメール。500g越えたらレターパックにしたほうがよい。
  • 郵便局が開いていない、速く送りたいときはレターパック。番号で追跡できるので安心。
  • 定形外郵便、ゆうメールは切手があれば直接ポストに入れられるが、なければ遠いので郵便局まで出すのが面倒。
  • レターパックは専用パックが必要。コンビニで売っている。パックなので梱包の手間がかからない。パックに入れば厚みも気にしない。ポストに直接入れられる。
  • メール便はヤマトに持ち込み。厚さチェックがとても厳しいので、2cmを越えると受け付けてくれない。絶対に宅急便を薦められる。

追記

  • レターパックは郵便局によって、厚さをキッチリ計るところがあるのでポスト直接投函した方がいいかも。
  • ゆうメールは厚さを気にしないので(縦横高さ合計1.7m以内)、500gを越える厚い本を送るときはゆうメールが最適。
  • ゆうメールで送る場合は切手を貼れば、いつでもポストに投函できる。以下の切手の組み合わせなので、80円と50円の切手を用意しておく。封筒の口を少し切って中身を確認できるようにして、赤ペンで「ゆうメール」と書いておくこと。
    • 80円 × 3枚+50円×2枚 = 340円
    • 80円 × 3枚+50円×1枚 = 290円
  • 今は、ほとんどの書籍の郵送は、ゆうメールで送っている。