5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

修理の電話2本


まずはダイキンにエアコンの修理のお願い。冷えなくて室外機も廻っていない。この時期暑くなってエアコンの電源入れて、不具合がわかるなってことが多そうだな。ダイキンは24時間365日修理相談を受け付けてくれる。これは便利なところ。修理は混んでいそうで明後日になった。ダイキンのエアコンは何台か入れているが、特定の機種で続けて故障することが多いのは気になる。

つぎにパナソニックに照明器具の修理の依頼。8年前のナショナル時代の製品。パナソニックになって窓口が一本になったと思ったら、元松下電工のほうに連絡を入れるように言われた。

そこでの対応の女性は、よく製品のことをご存じで、一発で修理方針を決めてくださった。折り返し近くの修理窓口の男性から電話があったが、女性からの修理内容と同じで基板交換になるとのこと。修理代見積もりは17,000円なり。

男性からは新しい照明器具を量販店から買ってもいいのではと言われたが、選択、注文、取付、廃棄といろいろと面倒なので修理をお願いした。本日午後に訪問修理をしてもらう。対応は早い。

Google+: View post on Google+


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。