書籍紹介ページの更新

ホームページにある書籍紹介のページを久しぶりに更新しました。

購入した本を登録して、なるべく紹介文を書こうと思っていましたが、数が多くて断念しそうです。

なるべく必要な本は購入しています。システム系の本ですと、1章でも仕事に関係しそうな内容、将来的に頭に入れなくてはいけないことがあれば、買うことにしています。以前、どうしても必要な本があって、秋葉原、神田と探してもなかった苦い経験があります。そのときは、内容は覚えていても、タイトルが思い出さなかった。

それと、同じ本を2冊買っているということがあります。本屋で見ていると違う箇所を見ているらしく、最近もありました。

今は、取りあえず購入しておくという、無駄といえば無駄ですが、こんな本が多くなっています。これは昔からツンドクといっていましたね。