Windows98 Me サポート停止で考えた

昨日のNHK7時のニュースで、98, Meのサポートが6月末で終了したという話題になっていました。

影響のあるのは、学校関係。ある県では高校にある1,500台以上のPCがサポート外になってしまう。

識者の意見では、インターネットにつながければいいとか、あまり解決にならない意見も紹介されていましたが。

教育委員会の担当者は、PCを更新するのに数千万かかって「困った。困った」ばかり。

ここで「これからはLinuxでしょ。」とか意見が出てくるのでしょうか?? これですと、あまりにも短絡的。

しかし、ちょっと疑問が。教育関係者の皆さんは、ちゃんとマイクロソフトに交渉したのでしょうか? まあ、サポート延長は難しいかとして、その代わりとして大幅割引でWindowsXPのPCを導入してもらう交渉とするとか。交渉されていないので、マイクロソフトも動いてくれていないかもしれません。Windowsは使えないOSって印象を子供たちに持たれてもよくないですし。マイクロソフトにしても、これから社会に出てくる子供たちに、Windowsで染めていくのも悪くないかと思いますが。

今もあるかと思いますが、100ドルPCというのはどうしたのでしょうね。ここでも必要かもしれません。

もう一つ考えてみると、教育現場のPCってリース? それとも買い取りでずっと使い続けるの? 企業と違ってディスカウントもありそうですし。この辺りは、私はわかっていませんね・・・。

ただ、「困った。困った」で何も解決されないようなので、だったらどうするのということで・・。

投稿者:

avatar

ando

50過ぎてもプログラマーの気持ちを忘れない。