5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

PuTTYgenでサーバが鍵を拒否しましたになって嵌まった話し


久しぶりにsshの設定をしたら、しっかりはまりました。今後、はまらないようにと覚え書き。

PuTTYgenで公開キーを出力して、サーバーに配置。しかし、「サーバが鍵を拒否しました」で接続できません。Googleさんに聞いてみると、ホームディレクトリのパーミションが違うとか言っています。しかし、これではない。

随分悩んだ結果、公開キーと秘密キーのペアが違っていた。PuTTYgenの「Save Public Key」ボタンで出力した公開キーファイルを使っても認証できないとのこと。

画面に出ている「OpenSSHのauthorized_keysファイルにペーストするための公開キー」の文字列を公開キーのファイルにペーストしなければいけないそうだ。

WinSCPの設定方法を述べているサイトではどれも、「Save Public Key」ボタンで公開キーファイルを出力しろ、と書いているが間違いのようだ。

ところで、WinSCPでGoogleさんに聞くと、とても古い更新もされていない、自称WinSCP日本語版のサイトが出てくるのはいただけない。早くサイトをクローズしてくれたほうがみんな幸せになれるのに。

Google+: View post on Google+


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。