Pandora復活

もう今は存在しないWindyという会社から出ていたPandoraを復活させました。磨いたので写真は写り込んで見にくくなっています。

復活させたといっても、中身はすべて入れ替えています。オリジナルで残っているのは、本当にケースだけです。

このPandoraは、昔流行ったキューブPCです。Mini-ITXのマーザーボードが入ります。

今回、入れ替えたマザーボードは、ASRock J3160DC-ITX。このマーザーボードは、ACアダプターで電源が取れるので、Pandoraから電源も抜いてしまいます。余っていたSSDのディスクを付けてしまいます。おかげでPandoraの中身はスカスカでとても軽いです。

このてのMini-ITXの電源を交換するとなると高価で選択肢も限られています。ACアダプターがなっているのは、とてもありがたいです。

メモリはDDR3が手元になかったので8GBを追加で購入しました。かかった費用は、2万円を越えるくらいです。

とりあえずubuntu Server をインストールして、iSCSIのイニシエータの設定でディスクを見えるようにして・・・・。



マイクロソフトからメールが来たけど・・・。

マイクロソフトからメールが来たけど、よくある迷惑メールみたいです。ここ毎日送られてきます。

Fromアドレスは北海道大学の低温科学研究所のサブドメインだけど、Fromアドレスだけ詐称されていると思ってメールのソースを見てみると、 低温科学研究所のメールサーバーから送られているようです。

 

置き菓子サービスのDMが毎日来るのだが・・・。

置き菓子サービス(宣伝になるからサービス名は伏せる)のDMが毎日来るようになった。グリコではない。宛先は、会社のあまり一般的ではないアドレスだから、手作業でWebページから収拾しているのだろな。ご苦労なことです。

まあ、毎日メールを送られても、菓子を置く気もないのでGmailのフィルターで迷惑メールに設定しておく。多くの人がGmailで迷惑メールに設定してくれれば、この会社からのメールは迷惑メールに自動的に判定してくれるようになるのだろうな。合掌・・・。

ファミマTカードでコンビニ決済をやってみたけど

娘の大学の推奨PCを購入するので、ほぼ初めてコンビニ決済をやってみた。みんなに言わせると、初めてというのはおかしいって。

大学指定の業者はコンビニ決済しか受け付けていない。支払いが10万を越えるので現金を直接レジに持っていくのでなく、カード払いでできないか調べてみる。結果、コンビニ決済でカード払いをできるのは、ファミリーマートのみ。ファミマTカードを持っていたので丁度いい。

ファミマTカードではTポイントしか使ったことないしクレジット決済をしたことないしで、どの銀行口座だから引き落としされるかもわかっていないので、まずは銀行口座をファミマTカードのサイトで調べてみる。ファミマTカードのサイトにログインして、ユーザー情報を見てもわからない。カードを申し込んだときにどうしたのか記憶もない。仕方ないのでサポートに電話してみる。

すると。コンビニ決済をしたことないので、登録口座の情報はサイトには出てこないそうだ。しかも銀行口座の登録はされていなくて店頭払いになっている。コンビニ決済をしても、再度請求が来たらファミリーマートのレジに行かないといけないそうだ。これは面倒くさい。

銀行口座を登録したらいいよというので、銀行口座の登録を済ませる。これはとても簡単。ただし、銀行側の認証がせっかくワンタイムパスワードを登録したけど、ただのパスワード認証であったのは心配。

それとファミマTカードでコンビニ決済ができるのかどうかは、決済の取引先が登録されていないのでわからない、とりあえずファミマのレジで試してみて、と言われた。この辺りはとてもいい加減。

あとサポート電話で言われたのは、引き落とし口座の登録をした後はリボ払いになってしまうので利息が付いてしまう。そこで翌日以降また電話して、一括引き落としに登録してもらうようにしろ、とのこと。ますます面倒くさい。

というこで、次の日一括引き落としにしてもらうために電話する。電話が一発でつながるのは、ファミマTカードはまだまし。ただし、オペレーターにつながるまで、何分も無駄なアナウンスを聞かなくてはいけないのを何とかして欲しい。それがなければ、もっとサポートを捌けるのに。

今度は実際にファミリーマートにいって端末で申し込み番号を入力して、出てきたレシートを持っていき、ファミマTカードで無事に決済ができた。Tポイントも付いた。

大学の業者から入金確認のメールが来て終了。そもそも、その業者はコンビニ決済しかやっていないのは不親切。直接銀行振込かカード決済をやったらいいのに。

ただし、ファミマTカードでコンビニ決済ができるのは、3月31日までだそうだ。これはサポート電話でも言われた。4月1日以降は現金のみしか受け付けないそうだ。

以上、初めてのコンビニ決済の話し・・・。

携帯電話からセールス電話されてもな

母の電話に知らない電話番号が入った。070で始まる携帯電話(PHP?)から。会社の電話から電話しないのは、怪しい会社。会社名で調べると静岡県の三島市にある、トイレの尿石をきれいにする会社みたい(この位の情報で特定できるかもな)。

名簿を見て電話をしているそうだ。名簿の内容を聞き出してみると、住所が違っていた。全然関係ない住所だった。無理かと思うけど、とりあえず名簿から削除してもらう。二度と電話しないように言う。

電話をかけてきたのは、パートの高齢の女性だった。特商法とか小難しい単語を並べてちょいとビビらせておいた。

セールス電話なんてなくなってしまえ。

Amazonからレイバン買えってメールが来たけど

レイバンのサングラスのメールって怪しいのよね。商品自体は怪しくないけど。

同じメールがちょっと前に来たけど、そのときはGmailは迷惑メールには判定しなかった。メールのソースを見た限りででは、怪しいところはないよのね。

よくわからないわね。でも、アマゾンからのメールは大抵HTMLメールだから、こんなシンプルなメールは寄越さないはず。しかも、日本語が間違えているし。

 

よく行く本屋が大改装していた。

近くの本屋なんですが、売り場が全く変わってビックリ。文房具売り場が非常に大きくなったいた。それとコミックの売り場が増えていた。

本棚が背の高い棚になっていて圧迫感が大きい。前よりも狭く感じる。

よく利用するコンピュータ書のコーナーは半分になっていた。一番痛いのは新刊の平積みがなくなっていたこと。これだと、どれが新しいのかわからなくなるのよね。街の書店は、みんなこんな風になっていくのね。この街には大学の理工学部があるけど、学生たちは生協とか利用しているのかな? この本屋は今までコンピュータ系の専門書が意外と揃っていたのでよかったのにな。

専門書は電車に乗ってもっと大きな本屋に行かないといけないかもな。ネット書店でもある程度試し読みができると、おそらく今までの本屋で買わなくなるな。だけど今の試し読みと言っても、目次が読めるくらないならまだまだだけど。

天一書房日吉店
〒223-0061 神奈川県横浜市港北区日吉2丁目2−1−1 日吉東急Ave南館 日吉東急アベニュー

ようやくマイナンバーカードの恩恵にあずかりました。50円…

ようやくマイナンバーカードの恩恵にあずかりました。50円だけど・・・。

娘の自動車学校の入校手続きで住民票が必要になり、取りに行くことになりました。雨も降っているにで自転車で駅の行政窓口まで行くのも大変だしということで、もしかしたらコンビニでも住民票を取れるかもと調べると、近くのコンビニでマイナンバーカードで取れるようになったのですね。これで我が家で一番最初にマイナンバーカードの恩恵に預かることになりました。

窓口よりも50円だけ安く住民票を取れました。50円だけどね。


コンビニで各種証明書を取得できるようになりました:横浜市市民局
コンビニで各種証明書を取得できるようになりました. 〇 コンビニ交付とは. マイナンバーカードを利用して、全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機で、住民票の写しなど各種証明書が取得できるサービスです。 サービス開始日. 平成29年1月23日(月). 利用できる方. 横浜市に住民登録されている方で、利用 …

Atermの中継機を購入

娘から「部屋のWi-Fiが遅い。」と言われたので、Wi-Fiのミレル(ミラレルではないのね)アプリで測ってみると、強度は20台で弱そうだった。しかたないので、Wi-Fi中継機を購入する。

親機はNECのAterm WG2600HP2という、かなり良いWi-Fiルーターを買ったつもりだったけどダメだったみたい。親機は1階に置いて娘の部屋は2階にある
けど、直線距離はそんなに遠くない。一番の問題は、我が家が軽量鉄骨であるということくらい。アクセスポイントの真上の2階だと60台が出る。

ルーターをもっと強力なものに買い換えるわけでもいかないので、今回はWi-Fiの中継機を導入してみる。一番確実ということで同じNECのAterm W1200EX-MSという製品を購入する。設定もボタン一発で簡単。

結果としては、強度が20が50になった。多少微妙な感じがする。コンセントがなかったので、娘の部屋の隣の納戸に設置しているせいか? 時間が合ったら、親機と娘の部屋の両方で見通しの良い廊下に、新しくコンセントを新設工事をしてみよう。



Raspberry PiでWeminがインストールできなかったのは

Raspberry PiでWeminがインストールできなかったのは、単に私の辛抱が足りなかったようです。apt-getを叩いて2時間ほど放っておいて、気が付いたらインストールできていました。そんなもんなんでしょうね・・・。

でも、Raspberry Piでサーバーを作るのは意外と楽チンだな。今度はNginxのリバースプロキシサーバーを入れている大昔のキューブPCを入れ替えるかな。

Reshared post from +Mune Ando

Raspberry PiでNASを作ってみる

秋葉原に行けたので、秋月に行ってRaspberry Piを買ってきた。店員さんに言われるままに電源とUSBのケーブルを購入する。

秋月の店員さんから「USBケーブルはこの太いものではないと保証できない。」言われたので買ってみたけど、とても短い。ACアダプターからの取り回しが辛い。これは後で考えてみる。

メモリカードは別の店で安いカードを買ってみたものの、普通のSDカードを買ってしまったのは内緒。マイクロSDカードではないといけなかったのね。手持ちに32GBのマイクロSDカードがあったので良かった。

肝心のRaspberry Piの設定と言えば、玄箱の代わりにNASで使うのでGUIがないRASPBIAN JESSIE LITEのイメージをSDカードに書き込んだ。RASPBIAN JESSIE WITH PIXELのダウンロードが時間がかかりすぎて、我慢できなかったというのはあるけど。

Raspberry Piに差し込んだら、あっけなく動いた。

モニタとかキーボードを付けるのも何だから、電源とLANをつなぐだけでよいように固定IPアドレスの設定をした。sshサーバーは最初から動いていた。ユーザーのパスワードを再設定して完了。

NASで使うために、以前玄箱用に買っておいて失敗したUSBの外部ディスクをつなぐ。こちらも問題なく/dev/sda1で認識する。

「Raspberry Pi NAS」でGoogleさんに聞くと、USBディスクのフォーマットをどういう訳か、WindowsとMacでアクセスするからexFATでフォーマットにしろとか、はたまたNTFSにしろとか出てくるけど、昔の人間だからお構いなしにext4でフォーマットする。この辺りは事情通の人たちからすれば、何かあるのかしらね。

sambaとかrsyncとかのインストールや設定する。Webminがインストールできなかったのは残念。最後にQNAPからRsyncでバックアップをするようにして完了。

あとは熱くならないかチェックしつつ様子見。今のところ大丈夫みたいだけど、ACアダプターとかUSBケーブルが心配だな。

玄箱よりは速いわな。一日一回差分バックアップするくらいだからRaspberry PiでもOKなのですわ。