ソルダムのケースを買って応援しようとしたが・・・。

ソルダムのケースを買って応援しようとこの前のブログで書きましたが、本日、注文が多すぎて出荷できないので、半月延びるというメールが入りました。しかも、出荷時期は未定とのこと。お金を振り込んで、1が月も待たせては。

大量に注文を取っても、キチンと製造できるか考えなければ。すばらしい製品を作っても、これじゃあ、ソルダムだめですわ。本当にケースを手に入れることができるか、ちょっと心配。

でも、ケースの中身を買っておかなくてよかった。

ソルダムのPCケースを購入

関連会社の倒産で不調であったソルダムが復調してきています。ソルダムという会社は、アルミのちょっと高級なPCケースと国内生産・販売している会社。昔は立方体のキューブPC(こんなPC)を出していました。アンドワークスでは、6台のソルダムのケースやベアボーンPCを導入しています。

復調祝いといって何ですが、新しくPCケースをソルダムのキャンペーンサイト(DOKUKINOKO HOUSE)から購入しました。このサイトはとっても安くソルダム製品を販売しています。でもそのサイトで気になったのは、何点か・・・。

  • いまさらDOS/Vはないでしょう。DOS/Vを知っているのは30代後半以降・・・・。
  • キャンペーンが終わったページを削除しないで。どんな製品を買ったかわからない。
  • 販売窓口に納品期日を聞いたら、ページに載っていますと言われたけど、上記の理由で確認できない。
  • またまた上記の理由で、入金確認メールからのサイトリンクがリンク切れ。
  • 納期が遅いのは、しょうがないか・・・。

いろいろなことですが、ソルダムにはもっとがんばって欲しいです。とっても気に入っている製品を出してくれていますので。

 

こんなコンサルはしてはいけません

最近RSSで引っかかった記事、ZDNET「Linuxでゼロから作るメールサーバ」。サーバー構築をしたことないユーザーがメールサーバーを立ち上げて公開していくということですが、この記事はいただけない。

そもそもサーバーの取り扱ったことがない人にメールサーバーを立ち上げて公開するという状況設定は無謀。メールサーバーの公開をストーリーにするのであれば、もっといい状況設定があったのでは?? システムアップデートをできない酒屋の若旦那が、メールサーバーを公開してしまうのはないでしょう。

こんな状況であったら、お客様のためには、私でしたら絶対にレンタルサーバーをお勧めするのですが、余計なお世話かしら。そのほうが安全だしコストも安いし。この記事を書いている方々(おそらくシステムコンサルタントでしょうね)は、こんなことをお客様に勧めてしまうのでしょうか?

Snom105で取り次ぎ転送。不正解かも・・・。

Asteriskで電話転送の続き。SIP電話のSnom105の取り次ぎ転送の方法。ただし、これが正解かどうか・・・。

次の方法で取り次ぎ転送ができました。

  1. Snom105で電話を受ける。
  2. 保留ボタンで保留する。
  3. 内線で転送したい電話にかける。
  4. 転送する旨を相手に伝えたら、一旦転送先に電話を切ってもらう。なぜか切ってもらわないと、保留が解除できない。原因不明。
  5. 保留ボタンで保留を解除する。
  6. かけた相手に転送する旨を伝えて、転送ボタンを押して、もう一度転送先の内線番号を押して転送する。

つまり、回線を一旦ホールドして、内線をかけて取り次ぎの連絡をして、内線を切ってから、ブラインド転送をするということになります。ちょっと面倒かも。

あまり、スマートな方法ではないので、もっといい方法があるかもしれません。

Asteriskで電話転送

Asteriskロゴ現在、Asteriskを仮運用中です。現在、できていることは、

  1. ひかり電話で横浜本社の外線の発着信
  2. 横浜本社の電話を青山事務所の電話で取れる。
  3. 青山事務所のRT57iに接続されたアナログ電話をAsteriskサーバーで発着信できるように、RT57iAsteriskサーバーに登録。
  4. 横浜本社にSnom105を設置。これを横浜本社の代表電話にしようとしています。
  5. 各PCにソフトフォンをインストール。各PCから外線発信。

です。5.のソフトフォンですが、最初はX-Liteを入れましたが、電話の転送がわからず(できない??)断念。次にSJphoneをインストールしてみました。SJphoneは転送ができました。ここで、SJphoneでの転送の方法(取り次ぎ転送)の覚え書きです。

  1. SJphoneで電話を受ける。下のShow Statusにかかってきた電話のアイコンが出てくる。
  2. HOLDボタンを押す。受けた電話はつながったまま。Show Statusは「On Hold」になる。
  3. 転送したい内線をかける。Show Statusにもう一つ内線電話のアイコンが出てくる。これで内線相手と話せるので、電話がかかってきたことを伝える。
  4. 電話を転送する場合は、アイコンを右クリックして「Transfer」-「相手の番号」を選ぶ。
  5. これで、電話の転送完了。

相手の確認とらずに電話を転送する(ブラインド転送)場合は、

  1. TRNSFボタンを押して、内線をかける。
  2. 電話が切れて転送先を呼び出しているはず。
  3. 転送先は電話をとって話しをする。

しかし、転送先が出ないときは、ボイスメールになるはずですが、なぜか切り替わらない。こちらは検証しなければいけません。

あとは、Snom105の取り次ぎ転送のやり方がわからない。ブラインド転送はできますが。

 

Asteriskで電話の交換機

以前から注目していたオープンソースのPBXソフトであるAsteriskをサーバーにインストールしてみました。きっかけは、Linux Expoでお会いしたAsteriskユーザー会の高橋さんの「とりあえずやってみましょう。」の一言。

とりあえずインストールしてましたが、思ったよりインストールのハードルは低いです。インストール方法は、VoIP-Info.jp Wikiや、高橋さんの著書(Asterisk徹底活用ガイド)です。たくさん必要な設定ファイルは、VoIP-Info.jp Wikiにあるサンプル設定ファイルを使ったので、簡単でした。

ソフトフォン(CounterPathX-Lite)を2台つないで、内線で通話を確認しました。つぎにひかり電話につないで、外線からの発着信も確認。こちらも何もトラブルなしに使えます。

最後に青山オフィスにもX-Liteをインストールして、VPN経由で横浜から外線に発着信することも確認しました。こちらは、ルーターのファイヤーウォールにSIPのポートを開ければOK。Asteriskの設定より、ファイヤーウォールの設定のほうが面倒です。

以上で、青山からX-Liteで外線をかけると、VPN経由で横浜本社のAsteriskサーバーに接続して、ひかり電話に抜けます。したがって、青山から電話すると着信通知が045になります。

音声の品質も、ちょっと遅れますが、そんなに悪くありません。横浜と青山の間のネットワークの帯域に影響されるのでしょうが。

いまのところ電話をかけてAsteriskをおもちゃにして遊んでいるというレベルなので、本格的に使うためには、通話の転送など普段電話機で利用している機能が実現できるかの確認が必要です。まさかPBXで遊べるなんて思ってもいなかったというのは正直なところ。システム屋としては、Asteriskとアプリケーションの連携なんて興味がありますが、電話の使用で当たり前のことができるかどうか順次見ていきます。

最終的には、青山オフィスのNTT電話(今はISDN)の契約が解約するくらいになれば、会社としては経費削減でいいかもしれません。でも、今までの03の番号が使えなくなるのは問題かも。