W-ZERO3が来ましたが・・。

注文していたW-ZERO3が到着しました。

最初はW-SIMとバッテリーを付けて起動。あとは今までのザウルスのようにスタイラスペンの設定などして設定完了。

電話がかかることも確認。オンラインサインアップしたら、 CLUB AIR-EDGE 経由でインターネットへの接続もできました。

ですが、事務所のアクセスポイントに接続はできましたが、全くスピードがでません。IEの更新がとても遅い。これは、昔のアクセスポイントのせいか? わからないので後日調査します。

しかし、ネットワークの設定が難しくなりました。Windowsといっても、全くPCとは違います。設定箇所がたくさんにまたがっています。これはとてもわかりにくいです。ザウルスの無線LANの設定は、いとも簡単にできましたが、今回は久しぶりにマニュアルを読んでしまいました。

やはりDOSプロンプトは入っていないのですね。ネットワークがうまくいったかをipconfigやpingで確認しようと思いましたが、できませんでした。

最後に、社内のIMAPサーバーに接続して、メールを見ることができるのを確認。忌々しいザウルスのメールソフトと違って、メールをチキンと読み込めるようになりました。これはすばらしい。どこでもメールを読めるようになります。

Bフレッツ ニューファミリーから無料でハイパーファミリーに切り替え

NTTからBフレッツのニューファミリー(100M共有)からハイパーファミリータイプ(1G共有)に、無料で切り替えてくれるという案内がきました。

2月上旬に工事を行うので、立ち会ってくださいとのことです。

今回の工事は費用負担はありません(当たり前ですが)。なんと1ヶ月分の利用料が無料になります。これはラッキー。

ニューファミリーが廃止にともなって、強制的に切り替えということなのでしょうね。

個人情報は過剰保護?

今年に施行された個人情報保護法、識者といわれている方の最近の論調ですと、個人情報は過剰保護されていると指摘があります。

このプログで何回も個人情報保護とセールス電話などの個人情報の利用の関係を述べてきましたが、彼らから言わせると切り離して考えるということのようです。「個人情報、過剰保護」でGoogleで検索で検索すると、その辺りの記事は出てきますので、どうぞお読みなってください。あとは、読売新聞の記事でしょうか。

自宅で作業場所と持っていますと、昼間に個人情報を利用したセールスの電話が何回もかかってきます。2世帯ですので、親のほうの電話もものすごくかかってきます。そこで断る理由は個人情報保護法なのです。結局は個人情報をちゃんと管理しなさいというだけの法律(何と乱暴な解釈!)ですが、何も知らないセールス担当者には意外な効果があります。

つまり、法律というのは、個人か会社のどちらに向いたものであるかを考えてもらいたいのです。識者(評論家??)の方々、年老いた親が毎日セールス電話の対応で、必要のない高額な商品を買わされそうになるのですよ。犯罪に巻き込まれるかもしれないのですよ。

公立学校の懲戒処分された教員の氏名を匿名にしたり、官僚の天下り先を公表しなかったり、そんなことは事件や公人の情報ですので、それは別の問題でしょう。読売新聞の記事で、先生の住所を最近連絡簿に載せて配らないとかは、上の方からの指導があるようですが、私の娘の先生は、一人一人に自分の住所を写させていました。個人の判断で、やり方でいろいろできるのです。個人情報保護のせいで名簿が作られず、隣に座った人の名前がわからない。そんなこと、その人に直接聞けばいいでしょう。この記事は、とても????と感じます。

個人情報が過剰に保護されているというのであれば、その利用を制限して欲しいものです。個人情報を提供して無用なトラブルに巻き込まれたり、その対応に時間を取られるのはご免です。ただ、それだけです。私は関係のない会社に個人情報を提供しないことを選びますし、私の個人情報を持っているのであれば、不便になっても他に渡してもらいたくはありません。

 

今日は、何だか自分勝手な内容でした・・・。

字を書くということ。

最近は字を書くように、あえてするようにしました。

文章を書くときは、PCを使うのが当たり前になっていました。ワープロ(最近はテキストエディタ)を立ち上げて、何でもかんでもキーボードで文字を入力していく。ATOKなどの日本語変換が頭が良くなって、そんなに漢字変換で思考を中断することもなくなりました。データとして打ち込んでいけば、後々再利用が可能だし・・・。今までは、そんなことを考えていました。ひどいときには、1ヶ月間名前と住所以外は、手で文字を書かなくなってしまいました。

しかし、頭の中をはき出すことは、キーボードで文字を打ち込むのではなくて、紙に文字を書いた方が、思考のリズムが合っているようで、自分にとっていいみたいです。絵も描けますし。

最近は、無印良品のアルミ丸軸万年筆を使っています。そんなに高い万年筆ではありませんが、とても書くのが楽です。万年筆だからといってかしこまることもありませんし。ノートは同じ無印良品のポリプロピレンカバーダブルリングノートというノートを使っています。カバーがプラでカバンの中に放り込んでおけますし、一番は罫線がなく、マス目がドットになっているのが絵を描いてアイディアをまとめられるのがいいです。

ボールペンより手軽な万年筆。ちょっとしたアイディアが浮かんでくるかもしれません。

そういえば、私の周りには無印良品の製品が多い気がします。 :-D

W-ZERO3を注文してしまいました。

WILLCOMのW-ZERO3を注文しました。たまたま注文の抽選に当たってしまいました。はずれて元々の欲のなさで当てたみたいです。本当に期待していませんでした。運がいいのか、それとも思わぬ出費でいたいのか? 本当に欲しい人には、ごめんなさい。

今まで使っていたPHSのカードと機種変更で39,800円です。これは安い??

以前プログで書いたように、今はPDAはザウルスのSL-C760を持っていますが、全く使っていません。PDAからは縁が切れた者からしては、本当にW-ZERO3を買ってOKなのか? この買い物は、疑問だらけ。その結果は続きます・・・・。

 

初めて仕事を断って

現在は、大きめな案件を抱えているのですが、このような時に限って、新しい案件が入ってきます。

しかし、今回は仕事を断ってしましました。ちょっとしたプログラム開発を含んだ静的なページが大部分の制作でした。お客様の要望で、なるべく開発予算をかけないようにということで、開発箇所を少なく見積もりをしました。逆にサイトの運営で手間がかかるかもしれません。

こちらの出した見積もり金額が、予定の倍ということであわず、アンドワークスからもっと安いフリーのデザイナーに見積もりをだしてもらうことになりました。結局、この見積もりも合わず、他の会社に発注となったようです。

こちらとしても、そんな高い見積もりを出した訳ではなく、他社からは低く押さえたつもりでした。それでも、高いということは、あまりにも予算がなかったのでしょうね。でも、発注先の会社が、よくもその金額で仕事をとったなと感心しています。私が動くと、3日も予算がでない位です。

そのお客様には、いままでサイト開発でおつきあいしてきましたが、納品以降のメンテナンスもお客様で行うということで仕事も発生しませんし、これ以上金額を下げることは難しいという判断で、お断りしました。メンテナンスフィーがいただけないというのも、辛いところがあります。

金額を下げるということで、今後もこの金額で固定されそうですので、これもマイナス材料です。お客様によっては、「この案件では泣いても、次の案件で調整するから・・」といったこともありですが、今回はなさそうでしたので。

これは判断の難しいところで、これで断ってしまったら、その会社から次の仕事が来なくなる可能性がありますし、この金額で仕事を受けたら、今後の仕事で金額が低く押さえられてしまうかもしれません。この辺りは、お客様の状況を見ての判断しかないかもしれませんね。

今、話題の事件のように「他にも会社があるから。」と言われても、まだ「そうですね。」で終われる位でしたので、会社の状況的には今は大丈夫ですが、でも似たような立場かも。

以上、本日は愚痴モードでした。

Linux開発環境の構築

現在開発しているサイトをWindows上のPHPで開発していました。ところが、PEARのHTTP_Requestを別のサイトにリクエストするときに、SSL経由でも通常のポート80でリクエストをするようです。原因をいろいろ調べたところ、WindowsのPHPをバイナリでインストールすると、OpenSSLがインストールされないということでSSLでリクエストをしないようです。

phpinfo()で見ると、「Registered Stream Socket Transports」がSSLがないのでわかります。

これ以上、WindowsのPHPにSSLでリクエストをさせるように調べるよりも、先日インストールしたTurboLinuxのディスクトップPCがありますので、ここにPHPの開発環境を構築しました。

まずは、Eclipse+TruStudioでPHPの開発環境をインストールして、ローカルのテストサーバーをインストールします。Eclipse+TruStudioは簡単に問題なくインストールできましたが、テストサーバーのインストールで手こずりました。

今回のテストサーバーの実行環境はPHP5です。しかし、RPMを探しましたが見つかりません。仕方がないのでソースからインストール、いろいろライブラリがないと言われ、Apacheのヘッダファイルが必要ないとも言われて、結局Apacheもソースからインストールする羽目に。

今のテストプログラムを動かすと、mod_rewriteモジュールが必要であると気付き、再度Apacheをインストールし直し・・・。

今日は、こんなことで潰れた一日でした。でも、目の前にマウスとキーボードが二組あるという面倒な状況です・・・。

誕生日のプレゼント

こんなプレゼントを娘からもらいました。

かえるプレゼント

娘はカエル好きです。でも本物はダメみたいです。

個人情報保護で運用費用はユーザー負担?

ドメインを管理してもらっているレジストラから、今まで無料であった手続きを有償にするメールが来ました。

いままで、ドメインの記載事項の変更は無料でしたか、来年からは1,995円~5,880円を取るそうです。あまり、ドメインの記載事項の変更はないので影響はありませんので見過ごすところでしたが、理由を読んでみて、おかしいことであると考えました。

理由というのは、 個人情報の保護管理体制の拡充ということと説明されています。 “安全面”の維持を目的として、手数料をユーザーに負担していただくことということです。

結局は個人情報保護という錦の御旗の回答で通されてしまいました。この御旗の元で、何でも理由にしていくのではないかと思うのは私だけでしょうか?

まあ、所詮一ユーザーが文句を言っても変わりませんので、他にもレジストラもあることですし、納得行かなかったら、他社に乗り換えるだけですが。

誕生日

今日は、私の誕生日。イベント大好きな娘は、何かプレゼントを用意しているようです。

本人は内緒にしているようですが、しっかりばれています。 :-D