5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦を過ぎたWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

トイレにはトイレットペーパー以外流すなよ、という話し


アパート入居者からトイレが流れないという連絡が入った。早速、出入りの設備屋さんに連絡を入れて対応してもらった。

設備屋さんの話しによると、詰まった原因は排水升の上流のY字の分岐の部分で詰まったのことだった。しかも、詰まっていたのは水に溶けない紙が大量に詰まっていたそうな。しかも、最近高圧洗浄で配管を掃除したばかりなので、そんなに早く詰まるわけがない。

Y字の一方向は、トイレが流れないという報告があった部屋で、もう一方はいろいろと問題を起こしている入居者の部屋である。おそらくこの入居者が、箱ティッシュやポケットティッシュを流したのではないかと推測する。

早速、問題の入居者を仲介した不動産会社に連絡をとる。不動産会社もその人が原因でしょうね、ということで警告してもらう。その問題の入居者はなかなか連絡が取れないのだけど、今回はすぐに連絡が取れたそうだ。そこでは、そんなものを流していないとかの弁解もなく、わかりました、で終わったそうな。おそらく何か流していけないものも流していたことを心当たりがあるのだろうな。

トイレにはトイレットペーパー以外を流していけないのは常識だろうけど、なかには、トイレットペーパー以外ということは汚物は流していけないんだね、なんて言うヤツらもいるかもしれないけど、これは屁理屈ということで無視しておく。

設備屋さんによると、排水升がもう古いので劣化しているし、まして設計上最初から流れにくい構造になっているので(こちらはレオパレス品質のよくあること)、配管をした方がよいということになってお願いした。また、お金がかかる。

アパート経営なんてやめておけ

アパートオーナーより

他の入居者へも告知としてポスターの掲示をしておいた。PDFファイルを貼っておくので、せっかくなので使ってください。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください