5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

市役所を名乗る電話があったけど、ストップ詐欺被害私は騙されない、と思っていたら、本当の市役所からの電話だった話し


市役所の市民局を名乗る人から電話があった。何でも、戸籍の申請の手続きで不都合があったそうな。

昨日ツレがパスポートに申請で戸籍を取ったのは知っているけど、わざわざ市役所が電話してくるので疑った。

折り返しで連絡された電話番号に対して本当の電話かどうかを市のコールセンターに確認する。すると、その電話番号は市のコールセンターでは把握していないそうな。怪しくなってきた。しかし、コールセンターから電話をかけてもらうと、正しい市民局だと確認できた。もっと疑ってしまうと、電話を受けた人が市民局であると言えば、市民局になってしまうから、まだまだ怪しいのであるけど。

普段、あまり丁寧ではない役所が反対にわざわざ電話をしてくれて丁寧な対応をしてくれると疑ってしまう。電話だけなら本当に役所の人かどうかなんてわからない。市民局の代表電話ではなく個別の電話番号からでは、Googleさんに聞いても出てこないので、本当に市民局かどうかわからないのである。まして、ナンバーディスプレイに契約していなければ、どの電話番号で電話をしてきたなんてわからないから知りようがないのである。

電話で本物かどうかを証明するは難しい。信用できる代表電話で電話番号に折り返し電話をするくらいしか思い浮かばない。これから折り返しの問い合わせは難しくなるのだろうな。でも、電話を受ける側からしてみれば、ますます疑ってかかる必要がある。

知らない電話は詐欺の始まり

詐欺被害経験者より

高齢者への詐欺電話を防止するためにも、NTTはナンバーディスプレイを無料で提供すればいいのにと本当に思う。携帯電話は無料で着信番号表示をしているので固定電話でもできるはず。発信者通知は迷惑電話をかけてくる輩は嫌がるので、ナンバーディスプレイは本当に迷惑電話防止になる。ナンバーディスプレイに契約して対応した電話機ならば、発信者番号を通知しない詐欺電話は非通知になって拒否されるので、少しは安心である。これで詐欺電話は随分と減るので、NTTのナンバーディスプレイは詐欺電話撃退にはお薦めなのである。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。