今日もまたセールスではないと言い張る支援制度案内のセールス電話があった話し

会社宛に知らない番号で着信があった。

電話番号0249270609はTM人事労務コンサルティング/営業

電話番号検索なら「電話帳ナビ」

最初に「セールス電話か?」と尋ねると「支援制度の案内で、セールスではない。」と言ってきた。

しかし、「後で商売の話しをしないの?」と聞くと、「セールスではないので案内だけ。」と言う。

「商売ではないのにわざわざ電話するの?」とまた聞くと、「最初は案内だけ。」と言われた。

あくまでも、セールスではないと言い張る。最初からセールスだと言ってくれれば、それで電話を切るのに、しぶとくセールスではないと言うから、こちらもくどくどと不特定多数へのセールス電話の無意味なことを説明する。大変面倒な奴に捕まったと思われても仕方ない。作業の途中で遮られたものだから、元に戻す時間がほしい。

どこから会社の電話番号を知ったかを聞いたら、いつものホームページとハローワークの募集だってさ。ハローワークには募集をした覚えがないから、嘘なんだろう。ホームページには「セールス電話お断り。」と記載しているから、「本当にホームページを見たの?」と聞いたら、「見た。」と言うから、これも嘘なんだろう。

セールス電話なんて、すべて嘘なんです。時間泥棒のそんなもの。

以上の左の商品は来客を知らせるピンポンを鳴らして迷惑電話を遮るだけのアイディア商品である。右2つの迷惑電話撃退の商品は、電話機に接続して着信番号を表示するのでナンバーディスプレイの契約が必要のはず。高齢者への詐欺電話を防止するためにも、NTTはナンバーディスプレイを無料で提供すればいいのにと本当に思う。携帯電話は無料で着信番号表示をしているので固定電話でもできるはず。だったら、高齢者もスマートフォンを持たせるべきか悩むところだが、今までの電話番号を使えなくなるのは不便であるし。携帯電話の回線を使った固定電話のように使えるサービスがあるが、なぜか番号表示は有料のサービスになっているのは不思議なのである。発信者通知は迷惑電話をかけてくる輩は嫌がるので、ナンバーディスプレイは本当に迷惑電話防止になる。ナンバーディスプレイに契約して対応した電話機ならば、発信者番号を通知しない詐欺電話は非通知になって拒否されるので安心である。これで詐欺電話は随分と減るので、ナンバーディスプレイはお薦めなのである。