登記簿から電話セールス

またままNTTの代理店から電話セールスがありました。NTTにセールスお断りの連絡を入れていましたので、ひさしぶりです。でも、セールスNGの連絡が行っていないということは、ニセのNTT代理店かもしれません。

さて、今回は電話をかけてきた担当者の情報をいろいろインタビューしました。今回はのセールストークは、ある物件に無料でBフレッツをいれますということです。何でその物件の情報を知ったかというと、「不動産の登記簿を見た」ということです。ご存じの通り、不動産の登記簿は誰でも閲覧できますので、見るのは構わないのですが、見るのにはお金がかかるので大変でしょうと聞くと、「いいえ、不動産サイトで見ることができます。」と。つまり、どこかの不動産屋さんが法務局で登記簿をお金を払って閲覧して、それをサイトにアップして商売しているようです。ネットで登記簿を閲覧するサービスも法務局ではやっていますので、手間とお金をかければできないことはないです。あとは、電話番号と住所氏名をマッチングすれば、顧客リストができてしまいます。

会社名と担当者名と電話の連絡先と聞いて、いろいろ話し(説教?)をしました。まずは、

  • このような手段でセールスしても、物を買うのももちろん、商品説明も聞きたくないこと。
  • 今後、この電話以外で連絡されても、絶対にあなたの会社とは取引はありえないこと。
  • このようは、勝手に情報を入手しての商売は、買い手の印象は非常に悪くなること。あなたがこちらの立場になったら気分悪いでしょ?
  • 絶対に電話しないように、リストから削除すること。
  • この件は、NTTの代理店窓口にこちらから報告すること。

と言っておきました。

後ほど、NTTの代理店窓口に連絡して、この件を報告して、再度NTTの代理店から二度と連絡してこないように伝えました。すべての代理店から連絡しないように、NTTのほうかお達しを回してくれるように依頼しました。皆さんも、セールス電話が必要なければやってもらった方がいいでしょう。窓口は116で案内してくれます。

今回の教訓は、登記簿、電話帳など既に公になっている情報は、他人がどう使おうと、こちらでは止められないことです。もし、何とか止めないのであれば、その会社の上部の団体、今回であればNTT、不動産なら上の団体に、面倒でもクレームをつけることです。

個人情報保護法から攻めても、最近の消費者センターの見解から、DM、セールスでの個人情報の利用停止は、なかなか難しいかと思ってきました。したがって、その会社とその会社を取り仕切っている団体の道義的社会的責任に訴えていくしかないかと思います。

以上、最後はあまり前向きな話しではなくなってしまいましたね。